スマートグリッド新時代の最新技術とマーケット動向をつかむ

スマートグリッドの急速な進展とともに、家庭などの電力使用量の制御や料金課金方式に関するデマンドレスポンス(Demand Response:DR、電力の需給制御)がキーワードとして浮上してきています。

現在、日本国内の電力メーターは約8000万個と言われ、スマートメーターへ切り替える機運が高まっています。2013年は、東京電力のスマートメーター仕様が策定される予定で、東電管内の2700万世帯にいよいよ本格的な導入が始まります。このため、国内でもデマンドレスポンスを含めた新しいビジネスチャンスが到来してきています。

米国でも州ごとに予算化され、DRがダイナミックに推進されています。一方、日本では、横浜市/豊田市/けいはんな学研都市/北九州市の4都市の実証実験地域において、デマンドレスポンスを意識した具体的なシステムが構築され動き始めています。さらに標準であるOpenADR(OpenADR 1.0/2.0)の規格化が進んできており、日本でもこれを採用することが決まっています。

デマンドレスポンスとは何でしょうか? なぜOpenADRが注目されているのでしょうか? その本質とは何でしょうか?

そこで、第1回目のSGNLセミナーでは、スマートグリッドに関わるビジネスを展開している、あるいは新規参入予定の企業のビジネス戦略部門およびシステムを構築する技術開発部門、さらに新サービスを目指す電力会社のサービス担当部門に携わっている皆様などを対象に、次のような観点で企画いたしました。

このSGNLセミナーで、デマンドレスポンスに関連する課題を含めた最新動向と全体像を捉えていただき、今後国内外ともにビジネスチャンスが拡大していく新市場にチャレンジしようとしている方々に、役立てていただけるセミナーです。

ぜひ、ふるってご参加いただけますよう、お願い申し上げます。

開催概要

タイトル SGNLセミナー第1回
スマートグリッドの核となるデマンドレスポンス/OpenADRの全貌
日時 2013年2月14日(木)
13時00分~17時00分(受付開始 12時30分~)
会場 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター カンファレンスルーム4A
〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル
http://tkpichigaya.net/access.shtml
受講料 【一般料金】26,250円
【会員料金】15,750円(いずれも税込)
※会員とは、弊社発行『SmartGridニューズレター』の法人ライセンス契約をしている方のことです。
お支払いについて 受講票と別送で請求書をお送りいたします。
万一、お申し込みいただいた方が出席できない場合は、代理の方の出席をお願いいたします。
主催 株式会社インプレスR&D/株式会社インプレスビジネスメディア

お問い合わせ

株式会社インプレスR&D
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
フリーダイヤル:0120-350-995(平日11時〜12時、13時〜17時) FAX:03-5213-6297
電子メール: report-sales@impress.co.jp

世界のスマートメーター/AMIとデンマンドレスポンス最新動向2012

世界のスマートメーター/AMIとデンマンドレスポンス最新動向2012
[HEMS/ECHONET Lite/MDMの各プレイヤーから東京電力の新戦略まで]

新井 宏征/奥瀬 俊哉 [著]
発売日:2012年 8月 9日
http://r.impressrd.jp/iil/SmartMeter2012


スマートグリッドの核となるデマンドレスポンスの全貌2013
[需給調整契約/DSMからOpenADR標準まで]

新谷 隆之[著]
発売日:2012年12 月21日
http://r.impressrd.jp/iil/DemandResponse2013

いずれもA4判、定価:CD(PDF)版 89,250円(税込)、定価:CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)

▲ページの先頭へ戻る

主催