月刊『インターネットマガジン』12年136号分の記事をAll-in-One INTERNET magazine 2.0で無償公開

2007年12月25日

インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手掛ける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、情報メディアサイト「All-in-One INTERNET magazine 2.0」において、1994年から2006年まで発行した月刊誌『インターネットマガジン』のバックナンバーをPDFファイルで無償公開いたしました。

『インターネットマガジン』の創刊は、日本でインターネットが本格商用化された1994年で、月刊誌の形態として1994年10月号から2006年5月号まで136号を発刊してまいりました。これらに収録された記事は、日本のインターネットの1つの歴史として、資料性の高いコンテンツであると考えています。
バックナンバーをウェブ上に公開することで、より多くのインターネットユーザーに利用していただけると考えています。

本サービスは、多くの方々のご協力によって実現することができました。本企画にご賛同、ご協力いただきました著者の皆様、フォトグラファー、イラストレーター、デザイナー、制作関係の皆様、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

なお、今回はPDFファイルでの公開となりますが、今後はさらにウェブ上での利便性を向上すべく、記事のHTML形式での公開も予定しております。これによって、ブログでの引用、ブックマーク/クリッピングなどが行いやすくなります。また、過去の記事を現在の視点から読み直すような企画なども予定しております。

インターネットマガジン バックナンバーアーカイブ 概要

<閲覧可能な範囲>
1994年10月創刊号から2006年5月号まで、約12年間、全136号に収録された記事。
ウェブサイトにて、バックナンバーのPDFファイルを閲覧できます。 http://i.impressRD.jp/bn

以下に、歴史的に重要と思われるトピックスを掲載いたしました。

●「Mosaic」を知っていますか?
いまでは一般的なWebブラウザーの初期モデルは、モザイク(Mosaic)というソフトウェアでした。94年に掲載された特集には、Webブラウザーの誕生やその機能が克明に記録されています。(「WWW大航海記」1994年12月号

●ネットコンサートのはしりは「ローリングストーンズ」でした。
ローリングストーンズが行ったネットコンサートは、当時衝撃的なニュースでした。日本がまだブロードバンド化していない時代の動画配信です。(「マルチキャスト」1995年2月号

●Yahoo!はどうやって始まったのでしょうか?
いまや巨大企業に成長したYahoo!。そのサービスインはいつ?その名前の由来は?創業者は何を目指していたのでしょうか?(「YAHOOのすべて」1995年7月号

●ストリームテクノロジーの源流
今年は、YouTube、ニコニコ動画が流行りましたが、音声・映像などのリアルタイムメディアの源流は、プログレシブネットワークス社(現リアルネットワークス社)のRealAudioにありました。(「RealAudioはラジオ・オン・デマンドだ」1995年8月号

●グーグルは、なぜグーグルになれたのでしょうか?
現在のネットビジネスの流れを変えた契機の1つは、グーグルのIPOだと言われています。グーグルがIPOの際に込めたビジョンと戦略とは。(「IPO申請でわかったグーグルのヒミツ」2004年7月号

●Web 2.0の提唱者の思い
Web 2.0は、日本の関係者の間にはすでに浸透した感がありますが、提唱者の哲学は完全に昇華されているのでしょうか。「参加のアーキテクチャー」を知ることができます。
「ティム・オライリー(インタビュー)」2006年1月号

バックナンバーアーカイブ
各号への一覧を掲載
バックナンバーアーカイブ
各号への一覧を掲載

バックナンバーアーカイブ PDF
PDFの閲覧画面

※各権利者のご都合により、一部の記事や画像は公開いたしておりません。
※これまでもPDFファイルによるバックナンバーを公開していましたが、雑誌の定期購読やユーザープロフィールのご登録をしていただく必要がありました。今回これらの制限を無くしたことにより、どなたでも自由に閲覧、ダウンロード、リンクなどができます。
※『インターネットマガジン』は、2006年5月号をもって月刊誌という形態を終了いたしましたが、2007年7月よりウェブ版「All-in-One INTERNET magazine 2.0」をスタートし、それまでの雑誌による広告/購読収益モデルからウェブの広告モデルへとビジネスモデルをシフトしました。これにより、PDFバックナンバーもフルオープンによる提供が可能となりました。

【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社・東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。


【本件に関するお問い合せ先】
株式会社インプレスR&D トータルプロデュース室 担当:村田、竜口
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地 TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018 電子メール:im-info@impress.co.jp、URL:http://www.impressRD.jp/