【調査発表】電子書籍の市場規模355億円。対前年度比約2倍に拡大、うちケータイが7割(7/9)

電子書籍の市場規模355億円。対前年度比約2倍に拡大。
うちケータイ電子書籍市場規模が約7割を占める
—『電子書籍ビジネス調査報告書2008』、『電子コミックビジネス調査報告書2008』同時発売—

2008年7月9日

インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、電子書籍市場の主要プレイヤーへのヒアリング調査とユーザー利用動向のアンケート調査を実施いたしました。

本調査では、「通信事業者」「出版社」「取次」「ポータルサイト」「コンテンツプロバイダー」など電子書籍関連事業者全47社へヒアリング調査を行いました。

その結果、日本の2008年3月期の電子書籍市場規模を355億円と推計しました。2007年3月期は182億円と推計されることから、対前年度比で約2倍に推移しています。特に、ケータイ電子書籍市場に至っては283億円と対前年比約2.5倍へと拡大しています。市場拡大の要因として、各出版社がコンテンツの電子化に対し積極的に取り組み始めたこと、取次サービスの整備による流通の円滑化、タイトル数増加によるコンテンツの充実、近年の3G携帯電話やパケット定額制普及によるプラットフォーム整備などが考えられます。【図1参照】

2008年6月ケータイインターネットユーザーへ利用動向調査を実施したところ、ケータイ電子書籍利用率は29.6%となっています。また、「購入したことがある」と答えた人は2007年10月調査時点での利用率から約2倍に拡大。利用率増加の点からも市場規模の拡大を裏付ける結果となっています。【図2参照】

弊社では、これらの調査結果を収録した『電子書籍ビジネス調査報告書2008』『電子コミックビジネス調査報告書2008』を、7月11日(金)に発売いたします。(予約受付中)

最新の市場動向とユーザー動向、両側面から多角的に分析されている調査報告書となっています。ケータイ電子書籍ユーザーへアンケートを実施し、利用率や他メディアとの接触時間、ケータイ小説の利用など40項目にわたって調査し、ケータイ電子書籍ユーザーの利用実態と分析結果を報告しています。

電子書籍市場全体の情報を網羅し分析した『電子書籍ビジネス調査報告書2008』

『電子書籍ビジネス調査報告書2008』では、事業者全28社に独自取材をし、これからの電子書籍ビジネスの動向を掲載しています。主要テーマは「電子書籍市場を牽引する電子コミック」「躍進するケータイ小説」「電子雑誌の行方」「新しい読書端末の可能性」など多岐にわたります。

市場を牽引するコミックに特化した内容を掲載『電子コミックビジネス調査報告書2008』

『電子書籍コミックビジネス調査報告書2008』では、事業者全21社に独自取材をし、電子コミックビジネスに特化した情報を掲載しています。海外でコミックコンテンツを提供しているTokyo popの事例や香港マンガサミット取材記事などの「海外動向」や各出版社が試みる「クロスメディア戦略の成功」など今後の展望についても報告しています。

図1:電子書籍市場規模の推移

【図1:電子書籍市場規模の推移】

図2:ケータイ電子書籍ユーザー利用率

【図2:ケータイ電子書籍ユーザー利用率】

各調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内

お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版、PDF版をご用意いたしております。

『電子書籍ビジネス調査報告書2008』製品形態・販売価格 一覧(税別)

製品形態 販売価格 備考
冊子版 58,000円 324ページ(予定) A4判簡易製本
PDF印刷可能版 58,000円 ウェブよりダウンロード

※ サイトライセンス版も発売予定

発売日:7月11日(予約受付中)
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 http://www.impressrd.jp/iil/ebook2008

『電子書籍コミックビジネス調査報告書2008』製品形態・販売価格 一覧(税別)

製品形態 販売価格 備考
冊子版 58,000円 240ページ(予定) A4判簡易製本
PDF印刷可能版 58,000円 ウェブよりダウンロード

※ サイトライセンス版も発売予定

発売日:7月11日(予約受付中)
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 http://www.impressrd.jp/iil/ecomic2008

【お見積もり、ご購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 営業担当:稲生(いのう)
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018 電子メール: direct-sales@impress.co.jp

【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスR&D 担当:村田、竜口 〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地 TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018 電子メール:im-info@impress.co.jp、URL: http://www.impressRD.jp/