【新刊】SVC/MVCを追加した『改訂三版 H.264/AVC教科書』を12/26に発売(12/25)

SVC/MVCを追加した最強の画像圧縮技術の決定版! 『改訂三版 H.264/AVC教科書』を発刊

2008年12月25日
株式会社インプレスR&D

インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手掛ける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、ケータイやスマートフォン、ゲーム、Blu-ray、デジタル放送、テレビ会議等に必須の画像圧縮技術であるH.264/AVCに、最新のSVC/MVC規格を加えた、インプレス標準教科書シリーズ『改訂三版 H.264/AVC教科書』を、12月26日(金)に発売いたします。

本書は、2006年に発刊された「改訂版」をさらに刷新したもので、H.264/AVCに関する最新のSVC/MVC規格の内容について追加しています。

(1)SVC(スケーラブル映像符号化)規格
復号したときの画像の品質を再符号化することなく、データを向上させたり低下させたりすることが可能な符号化方式で、即時に映像品質とデータ・サイズを調節でき、今後さまざまな映像アプリケーションにおいて重要となると考えられています。

(2)MVC(多視点映像符号化)規格
臨場感の高い新しい映像表現が求められている中、複数のカメラを利用した新しい映像表現フォーマットと圧縮方式の標準化が進められていますが、この圧縮方式の規格が多視点映像符号化(MVC)方式です。この規格については、2009年初旬に標準化が完了する予定です。

また、2008年8月に、H.264/AVCの標準化を行ったJoint Video Team(JVT) Committeeが「AVC High Profile(H.264/MPEG-4 AVC)」の標準化活動で、2008年のエミー賞を受賞しました。この受賞の評価からもうかがえるように、H.264/AVC規格は、現在の映像技術の世界では不可欠な技術となってきています。
さまざまな映像アプリーペーションにおいて、この技術が採用され、今後もますます採用の範囲は広がっていくと考えられています。本書は、放送/通信業界の技術者には、必読の一冊です。

インプレス標準教科書シリーズ 『改訂三版 H.264/AVC教科書』 概要

改訂三版 H.264/AVC教科書

監修者: 大久保 榮
編著者: 角野 眞也、菊池 義浩、鈴木 輝彦
発売日: 2008年12月26日
仕 様: B5判/392ページ
定 価: [本体4,200円+税]
発 行: 株式会社インプレスR&D
発 売: 株式会社インプレスコミュニケーションズ
ISBN: 978-4-8443-2664-9

 

 

 

<主な目次>
第1章 Q&Aで学ぶ新圧縮方式「H.264/AVC」の基礎知識
— H.261、MPEG-1/2/4からH.264/AVCまでの発展 —
第2章 画像圧縮技術の発展とH.264/AVCを支える基礎技術
— DCT変換からハイブリッド符号化の仕組みまで —
第3章 H.264/AVCはどのように標準化されたか?
— 原型となったH.26LからJVTの基本方針、特許問題まで —
第4章 H.264/AVCの全体構成と「プロファイルとレベル」の規定
第5章 H.264/AVCの中核となる圧縮符号化技術
— その1 予測、変換、量子化 —
第6章 H.264/AVCの中核となる圧縮符号化技術
— その2 デブロッキング・フィルタ、エントロピー符号化、他 —
第7章 H.264/AVC規格に準拠した製品をどう開発するか?
— 仮想デコーダ・モデルの導入とコンフォーマンス(規格適合性) —
第8章 H.264/AVCの使用例
— ランダム・アクセス/エラー対策/JM参照モデル —
第9章 H.264/AVCをサポートするシステム技術
— MPEG-2システム/MP4ファイル/RTP伝送 —
第10章 H.264/AVCのアプリケーション
— テレビ会議/放送/携帯電話/蓄積メディア/ゲーム —
第11章 H.264/AVCを拡張した高忠実度化規格(FRExt規格)
— HDTVやプロ・業務用向けの高精細・高画質・高精度符号化への拡張—
第12章 H.264/AVCにおけるSVC(スケーラブル映像符号化)規格
第13章 H.264/AVCにおけるMVC(多視点映像符号化)規格
第14章 H.264/AVCの付属資料(Annex)
— シンタックス&セマンティックス/各種テーブル/SEI/VUI —

 

■ 執筆者一覧 (敬称略・五十音順)

大久保 榮〔早稲田大学〕 佐藤 数史〔ソニー(株)〕
角野 眞也〔パナソニック(株)〕 鈴木 輝彦〔ソニー(株)〕
菊池 義浩〔(株)東芝〕 遠間 正真〔パナソニック(株)〕
木全 英明〔日本電信電話(株)〕 村山 淳〔ソニー(株)〕
木本 崇博〔日本電気(株)〕 矢ヶ崎 陽一〔ソニー(株)〕

 

【本書の販売方法】
・全国の書店、書籍・雑誌取り扱いの量販店、およびWeb書店による販売
・インプレスR&Dストアによる直接販売
http://direct.ips.co.jp/

お問い合わせ先:インプレスカスタマーセンター(営業時間 10:00-17:30 土日、祝祭日を除く)
〒102-0075 東京都千代田区三番町20
TEL:03-5213-9295 FAX:03-5275-2443 電子メール: sales@ips.co.jp

【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 営業担当:林
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018
電子メール: direct-sales@impress.co.jp、URL: http://www.impressRD.jp/