『世界のモバイルアプリマーケットプレース 調査報告書2010』を発売 2月18日予約受付開始

 

――まだ収益には至っていないが、7割の事業者は今後も積極的に展開――
スマートフォンユーザー2886人と、アプリ開発事業者181人への調査を実施
『世界のモバイルアプリマーケットプレース調査報告書2010
App Store、Android Marketが拓くコンテンツ流通革命] 』発売
 
2010年2月18日
株式会社インプレスR&D

  

 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、スマートフォン向けモバイルアプリマーケットプレースの動向を明らかにした『世界のモバイルアプリマーケットプレース調査報告書2010 [App Store、Android Marketが拓くコンテンツ流通革命]』の販売を2月23日(火)より、予約受付を2月18日(木)より開始いたします。
 
 2008年夏、タッチパネルによる革新的なユーザーインターフェースを搭載したiPhone 3Gの発売とともに、スマートフォン向けアプリケーション流通市場である「App Store」が登場しました。これが火付け役となり、2009年から2010年にかけ、世界中のデバイスメーカーやキャリア、そしてその他のプラットフォーム事業者が、続々とモバイルアプリマーケットプレースを開設し始め、急成長のきざしを見せています。これまで世界展開が難しかった日本のアプリデベロッパーの新たなビジネスプラットフォームとして期待が高まっています。
 
 本報告書では、モバイルアプリマーケットプレースの市場動向を探るため、実際のアプリ開発の最前線に立つ株式会社GClue代表取締役社長の佐々木陽氏の監修のもと、マーケットプレース登場の背景や世界の関連プレーヤーの思惑、世界で急成長しつつある15以上のマーケットプレースの特徴を解説。2010年以降の展開を予測し、日本の事業者が今後取るべき戦略を指し示しています。
 
 また、①実際のスマートフォン利用者を対象としたアプリケーションの詳しい利用実態調査、②一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム、日本Androidの会、iPhone Developer Japanといったモバイル向けアプリケーション・コンテンツ開発の関連団体の調査協力のもとに、実際にアプリの開発や提供に関わっている企業や個人を対象に、現状や開発体制、今後の意向などを聞いた事業者調査の2つの調査を実施しています。調査結果のエクセルの数表とグラフもCD-ROMに収録しており、プレゼンなどにすぐ活用できます。
 
   インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所では、今後も継続して個人や企業のモバイルインターネットの市場動向を調査し、報告していく予定です。
 
 
≪『世界のモバイルアプリマーケットプレース調査報告書2010』アプリ事業者調査の注目の調査結果≫
■まだ収益には至っていないが、今後も積極的に展開していきたい事業者は7割
 モバイルアプリマーケットプレースにアプリを提供している企業や個人に、現状の採算性について聞いたところ、「収益をあげたいが、そこまで至っていない」が39.6%となり、「テスト段階である」が30.2%で続いています。収益をあげられていると回答した企業や個人は1.9%しか存在していません。アプリ提供を単体の事業と見た場合、まだ投資段階だと言えます。
 一方で、アプリ提供者に今後の事業方針を聞くと、「積極的に展開する」が45%を占め、「やや積極的に展開する」も25%と高く、7割の開発者がモバイルアプリマーケットプレースに対して積極的に展開していくと回答しており、意欲や期待度は高いと考えられます。
 
 

 
 
≪『世界のモバイルアプリマーケットプレース調査報告書2010』スマートフォンユーザーのアプリ利用動向の注目の調査結果≫
iPhone/Android搭載機ユーザーの30.0%が週に1回はアプリをダウンロード
 iPhoneユーザー、Android搭載機ユーザーへ、アプリのダウンロード頻度を聞いたところ、「週に1回程度」が30.0%と最も高く、「月に2~3回程度」が24.5%、「週に2~3回」が19.5%で続いています。
利用機器別に見た場合、週に1回以上ダウンロードしているユーザーの合計は、Android搭載機ユーザーが83.9%と高く、iPhone 3GS、iPhone 3Gの順となっています。発売後間もなかったこともありますが、Android搭載機ユーザーが最もダウンロード頻度が高くなっています。
 また、年代別に見た場合、「10代、20代前半」のユーザーは、他の年代より突出してダウンロード頻度が高くなっています。
 

 
 
≪製品形態および販売に関するご案内≫
 
『世界のモバイルアプリマーケットプレース調査報告書2010
App Store、Android Marketが拓くコンテンツ流通革命]』
 
監修        :株式会社GClue 佐々木陽
           :インターネットメディア総合研究所
発売日    :2010年2月23日(火)
価格        :CD(PDF)版 60,900円(税込)
                CDPDF)+冊子版 71,400円(税込)
判型        :A4判
ページ数   :182ページ
詳細、ご注文は右よりご覧ください。 → http://r.impressrd.jp/iil/mobile_app2010
 
インプレスR&D インターネットメディア総合研究所の調査報告書は、お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版とCD(PDF)版をご用意しております。
 
<<調査概要>>
■スマートフォン利用者実態調査
調査対象:スマートフォンを利用しているImpress Watch(http://www.watch.impress.co.jp/)読者
対象地域:全国
調査方法:パソコン上でのインターネット調査
誘導:Impress Watchサイト上および会員あてメールマガジンでのアンケートサイトへの誘導
有効回答数:有効回答数8805。スマートフォン利用者2886を抽出し集計
調査期間:2009年9月14日(月)~9月24日(木)
調査機関:株式会社インプレスR&D
 
■アプリ事業者調査
調査対象:一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム会員企業、日本Android の会会員、iPhone Developer Japan会員、インプレスR&Dメールマガジン読者
対象地域:全国
調査方法:各会におけるメールマガジンにて、アンケートサイトへ誘導
調査実施機関:株式会社インプレスR&D
有効回答数:有効回答数181
調査期間:2010年1月20日(水)~1月31日(日)
 
 
≪『世界のモバイルアプリマーケットプレース調査報告書2010』 の目次≫
はじめに
目次
 
1章 モバイルアプリマーケットプレースの定義と登場背景
1.1    モバイルアプリマーケットプレースの定義
 1.1.1   海外でのスマートフォンの定義
 1.1.2   日本でのスマートフォン
 1.1.3   モバイルアプリマーケットプレースの定義と課金
 1.1.4   従来のスマートフォン向けアプリケーション配信との違い
 1.1.5   マーケットプレースごとの違い
1.2    App Store以前のマーケットプレース
 1.2.1   普及しなかった世界のマーケットプレース
 1.2.2   日本の携帯電話用コンテンツとの違い
1.3     モバイルマーケットプレース登場の背景
 1.3.1        フルオープンの潮流
 1.3.2        App Storeの成功
 1.3.3        Android端末の増加
 
2章   新たなマーケットプレースと今後の予測
2.1       新たに登場したマーケットプレース
 2.1.1       3種類のマーケットプレース
 2.1.2       デバイスメーカー系マーケットプレース
 2.1.3       キャリアがマーケットプレースを立ち上げる背景
 2.1.4       専用端末と一体となったキャリア系マーケットプレース
 2.1.5       汎用の端末に向けたキャリア系マーケットプレース
 2.1.6       プラットフォーム系マーケットプレース
 2.1.7       日本のスマートフォンにおけるマーケットプレース
2.2       2010年以降のマーケットプレース動向
 2.2.1       App StoreAndroid Marketの市場規模予測
 2.2.2       キャリア系マーケットプレースで市場はさらに拡大
 2.2.3       モバイルインターネットに流れ込む巨額の資金
 2.2.4       アップルの新製品で方向が決まったタブレット市場
2.3       日本企業の取るべき戦略
 2.3.1       携帯電話向けコンテンツプロバイダーの取るべき戦略
 2.3.2       ネット系企業の取るべき戦略
 2.3.3       BtoBBtoBtoC市場が活性化しているApp Store
 
3章   モバイルアプリマーケットプレースの解説
3.1       プラットフォーム系マーケットプレース
              3.1.1       CPUのスペックアップでユーザー体験が進化する
              3.1.2       App Store(アップル)
              3.1.3       Android Market(グーグル)
              3.1.4       Windows Market place for Mobile(マイクロソフト)
3.2       デバイスメーカー系マーケットプレース
              3.2.1       スマートフォンの製造にシフトするデバイスメーカー
              3.2.2       BlackBerry App World(リサーチ・イン・モーション)
              3.2.3       Ovi Store(ノキア)
              3.2.4       Samsung Application Store(サムスン電子)
              3.2.5       Palm's App Catalog(パーム)
              3.2.6       Play Now(ソニー・エリクソン)
              3.2.7       LG Application StoreLGエレクトロニクス)
3.3       キャリア系マーケットプレース
              3.3.1       独自仕様に挑戦する通信キャリア
              3.3.2       Mobile Market(チャイナモバイル)
              3.3.3       Vodafone 360(ボーダフォン)
              3.3.4       App Zone(シングテル)
              3.3.5       O2 Litmus/M Store(テレフォニカ)
              3.3.6       Orange Application Shop(オレンジ)
              3.3.7       Web2goTモバイル)
              3.3.8       Apps BetaAT&Tモビリティ)
              3.3.9       VCAST Apps Storefront(ベライゾンワイヤレス)
              3.3.10     Symbian Horizon(シンビアン)
 
4章   スマートフォンユーザーのアプリ利用動向
4.1       スマートフォン利用者実態調査概要
              4.1.1       目的
              4.1.2       調査概要
              4.1.3       留意事項
4.2       スマートフォン利用者プロファイル
              4.2.1       性別
              4.2.2       配偶者の有無
              4.2.3       子どもの有無
              4.2.4       職種
              4.2.5       都道府県
              4.2.6       コンシューマーエレクトロニクス製品の購入行動
              4.2.7       コンシューマーエレクトロニクス製品の購入時期
              4.2.8       普段よく利用しているパソコン
              4.2.9       スマートフォン利用者の携帯電話保有台数
              4.2.10     キャリア
4.3       スマートフォン利用状況
              4.3.1       最も利用しているスマートフォン
              4.3.2       非利用者のスマートフォン利用意向
              4.3.3       スマートフォン利用者の業務利用比率
              4.3.4       スマートフォンによって業務を効率的にはかれるか
              4.3.5       スマートフォンの利用時間
              4.3.6       スマートフォンでよく利用する機能
              4.3.7       スマートフォンの満足度
              4.3.8       無線LANの使用状況
              4.3.9       スマートフォンでの写真撮影の頻度
              4.3.10     スマートフォン利用者が好きなOS
4.4       モバイルアプリマーケットプレースの認知度と利用率
              4.4.1       モバイルアプリマーケットプレースの認知度
              4.4.2       モバイルアプリマーケットプレースへのアクセス頻度
              4.4.3       モバイルアプリマーケットプレースからのダウンロード経験
              4.4.4       App Storeへのアクセス手段
              4.4.5       非利用者のApp storeやAndroid Marketの利用意向
              4.4.6       App StoreAndroid Market以外のモバイルアプリマーケットプレースの利用意向
4.5       アプリのダウンロード状況とジャンル
              4.5.1       アプリのダウンロード頻度
              4.5.2       よく利用しているアプリの個数
              4.5.3       ダウンロードしたことのあるアプリのジャンル
              4.5.4       よく利用する無料アプリ
              4.5.5       ダウンロードしたカメラアプリの個数
              4.5.6       ダウンロードしたアプリの利用頻度
              4.5.7       ダウンロードしたアプリの満足度
              4.5.8       今後利用したいアプリのジャンル
4.6       有料アプリの利用状況
              4.6.1       よく購入するアプリの価格帯
              4.6.2       ダウンロードした有料アプリと無料アプリの比率
              4.6.3       1か月のアプリの料金
              4.6.4       よく利用する有料アプリ
4.7       モバイルアプリマーケットプレースの評価
              4.7.1       モバイルアプリマーケットプレースの満足度
              4.7.2       モバイルアプリマーケットプレースの良いと思う点
              4.7.3       モバイルアプリマーケットプレースの良くないと思う点
4.8       開発意向
              4.8.1       アプリの開発意向
4.9       自由意見
 
5章   アプリ事業者調査
5.1       調査概要
              5.1.1       目的
              5.1.2       調査概要
              5.1.3       留意事項
5.2       回答者のプロフィール
              5.2.1       開発に対する立場
              5.2.2       これまでのアプリやコンテンツ提供状況
              5.2.3       従業員規模
              5.2.4       業種
              5.2.5       都道府県
              5.2.6       担当業務
              5.2.7       性別
              5.2.8       年代
5.3       アプリの提供状況
              5.3.1       モバイルアプリマーケットプレースへのアプリの提供有無
              5.3.2       提供先のモバイルアプリマーケットプレース
5.4       提供しているアプリ
              5.4.1       提供しているアプリのジャンル
              5.4.2       今後提供したいアプリのジャンル
              5.4.3       よくダウンロードされるアプリのジャンル
              5.4.4       提供しているアプリの本数
              5.4.5       アプリの価格帯
              5.4.6       よくダウンロードされるアプリの価格帯
              5.4.7       アプリの言語
              5.4.8       アプリの採算性
              5.4.9       1か月のダウンロード数
              5.4.10     ダウンロードされるアプリの有料と無料のシェア
              5.4.11     アプリのダウンロードされる地域シェア
              5.4.12     上位へのランクインの有無
5.5       マーケティング活動
              5.5.1       実施しているアプリのマーケティング活動
              5.5.2       アプリ内広告の実施有無
              5.5.3       アプリ内課金の有無
5.6       開発体制
              5.6.1       開発するアプリの形態(オリジナルのアプリかどうか)
              5.6.2       アプリの開発体制
              5.6.3       アプリの構想過程
              5.6.4       アプリの開発人数
              5.6.5       1本あたりの平均開発工数
5.7       評価と今後の方針
              5.7.1       各モバイルアプリマーケットプレースへの評価
              5.7.2       今後提供したいモバイルアプリマーケットプレース
              5.7.3       今後の方針
              5.7.4       モバイルアプリマーケットプレースへの期待度
              5.7.5       モバイルアプリマーケットプレースに対する課題
              5.7.6       モバイルアプリマーケットプレースでよいと思う点
5.8       未提供事業者の今後の意向
              5.8.1       モバイルアプリマーケットプレースにアプリを提供していない理由
              5.8.2       モバイルアプリマーケットプレースでのアプリ提供意向
              5.8.3       提供したいモバイルアプリマーケットプレース
              5.8.4       アプリの海外市場への提供意向
5.9       自由意見
              5.9.1       日本の公式サイトと比較して
              5.9.2       今後の戦略やその他に感じていること
 
付録 CD-ROM
集計グラフ(エクセル)、集計表(エクセル)
 
  
【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。
 
【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D オンライン販売部
102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:0120-350-995(11時~12時、13時~17時) FAX:03-5213-6297
 
【内容に関するお問い合わせ先、報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 担当:池辺、柴谷
102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018