『クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010』を6月22日に発売

 初めてクアルコムの次世代プラットフォーム戦略の全体像を体系的に解説
― LTEからAndroid/Snapdragon/Brew MP/MediaFLOまで ―
『クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010』発売 

2010618
株式会社インプレスR&D
 

 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、新産業技術レポート『クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010』を6月22日(火)に発売いたします。

 2010 年に創立25 周年を迎えたクアルコムは、全世界で16,000人以上の従業員と多数の特許をもつ技術特化型企業です。特に、1989 年に発表したCDMA方式は革新的な無線通信技術として、世界中で活用されています。同社のテクノロジーの基礎には、最先端のチップメーカーとしての姿があり、最近では、次世代モバイルのLTEからスマートフォン(Android)対応の半導体チップに至るまで、ダイナミックに提供するキーカンパニーの1社としても注目されています。さらにクアルコムの活躍の場は広がってきており、次世代携帯マルチメディア「MediaFLO」(メディアフロー)や省電力ディスプレイ「mirasol」(ミラソル)、新世代ネットワークインフラ「SON」(Self Organization Network)、ワイヤレス充電技術「eZone」(イーゾーン)、電子書籍など、多くの分野にその技術力で貢献しています。
本書は、クアルコムが公開しているWebページ、ホワイトペーパー、リーフレット、プレゼンテーション資料、ニュースリリース、プレスキットなどをもとにその戦略を分野ごとにまとめ、同社の次世代プラットフォーム戦略の全貌を体系化して集約したものです。
 
 第1章と2章までは、クアルコムの全体像とその次世代プラットフォーム戦略のベースになっているロードマップを解説しています。
 第1章「クアルコム(Qualcomm)のプロフィール」においては、クアルコムの企業概要、創立の経緯と社名の由来などアウトラインに加えて、クアルコムの企業イメージに関連して、同社が『FORTUNE』誌から12年連続で「働きたい企業ベスト100」に選出されていることについても紹介しています。
 第2章「クアルコムの次世代へのロードマップ」では、クアルコムのビジネスモデルとその無線通信技術ロードマップや研究開発投資の動向を解説し、加えてGobi接続技術の新ロードマップも取り上げています。
 
 第3章と第4章はハードウェアがテーマとなっています。
 第3章「ワイヤレスエアリンクとネットワーク」では、世界中のワイヤレスブロードバンドにかかわる企業・技術者が注目しているHSPA/HSPA+、LTE、フェムトセルに関するクアルコム戦略の戦略を明らかにし、加えてクアルコム独自のM2M技術へのアプローチ、SON(Self Organization Network)の標準化の現状とクアルコムの戦略について述べています。
 第4章「チップセットと半導体製品」は、クアルコムの中核である半導体部門の戦略として、まずMSM(Mobile Station Modems)とシングルチップのソリューションを説明しています。そして、その最新注目トピックであるSnapdragonプラットフォームおよび、今後のグローバル・モバイル・インターネット技術であるGobiについて、発展経緯と関連各社との連携を軸にまとめています。
 
 第5章「Android/Windows Mobile/BREW等のプラットフォーム戦略」は、ソフトウェアがテーマで、携帯電話、スマートフォンを中心とするプラットフォーム戦略を対象としています。具体的には、BREWとBrew MP(モバイルプラットフォーム)、Windows Mobile/Phone、Android、Symbian、Javaに関する戦略であり、クアルコムが全方位でパートナーと連携し、強みを発揮していることを明らかにしています。
 
 第6章「モバイルTVとエンターテインメントの戦略」はサービスがテーマで、クアルコムが提供している数多くのサービスの中から、次世代携帯マルチメディアであるMediaFLOと、携帯電話事業者向けプラットフォームであるPlazaの戦略について説明しています。特にMediaFLOについては、日本国内において世界的に注目されている実験プロジェクトが進んでおり、これと合わせて米国・欧州における最新動向をピックアップしています。
 
 第7章、第8章は、新しいテーマと周辺的なテーマを扱っています。
 第7章「省電力ディスプレイとスマートブック戦略」では、新しいハードウェア戦略である省電力ディスプレイ「mirasol」と、クアルコムが提唱している新しいカテゴリー「スマートブック」に関する戦略を述べています。どちらも、多機能化する携帯電話の将来像にかかわる新しいテーマであり、今後のクアルコムの全体戦略に大きくかかわる可能性をもっています。
 第8章では、その他の多くの戦略からデュアル・マイクロフォン・ノイズ消去技術のFluence、磁界共鳴によるワイヤレス充電技術であるeZone、安全に寄与するQDBS(クアルコム・デプロイアブル・ベース・ステーション)、そして、モバイルコマースFirethornの統合モバイルP2P決済ソリューションなどを解説しています。
最終章である第9章には、本文中に散見されるクアルコムのチップセットの製品番号による一覧と、クアルコムのWebページ「Wireless Glossary」をベースに、本書と関連性のある用語を中心に選択し、本書に登場した重要用語を加えた用語集を掲載しています。
 
 本書は、次世代モバイル通信関連製品や新情報端末製品を開発する人たちにとって、貴重な一冊となっています。
 
<<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>
 
クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010
平野 正喜 著(ランドッグ・オーグ平野正喜事務所)
 
<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日  :2010年6月22日(火)(予約受付中)
価格     :CD(PDF)版 89,250円(税込)
          CDPDF)+冊子版 99,750円(税込)
判型     :A4判
ページ数 :186ページ
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 →http://r.impressrd.jp/iil/Qualcomm2010/
 
インプレスR&D インターネットメディア総合研究所の調査報告書は、お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版、CD(PDF)版をご用意しております。
 
 
<<目次 >>
 
はじめに
 
1章 クアルコム(Qualcomm)のプロフィール       
1.1          クアルコムの企業プロフィール            
1.2          創立の経緯と社名の由来    
1.3          現在の代表者とそのプロフィール       
1.4          クアルコムの企業イメージ    
 
2章 クアルコムの次世代へのロードマップ         
2.1          クアルコムのビジネスモデルとロードマップ        
2.1.1       クアルコムのビジネスモデル
2.1.2       クアルコムの無線通信技術ロードマップ            
2.1.3       無線通信技術とGobi接続技術の新ロードマップ             
2.2          米国本社が示した指針       
2.2.1       ビジネスグループと経営陣の新体制   
2.2.2       次世代のモバイルテクノロジーおよびサービス  
2.2.3       スマート・サービス・リーダーシップ・サミット        
2.3          クアルコムジャパンが示した指針        
2.3.1       クアルコムジャパン山田純社長のオピニオン     
 
3章 ワイヤレスエアリンクとネットワーク  
3.1          全般      
3.1.1       CDMA2000/EV-DO           
3.1.2       WCDMA/HSPALTE        
3.1.3       OFDMA 
3.1.4       OFDMFLO)       
3.1.5       WLAN
3.2          HSPA/HSPA+戦略
3.2.1       マルチキャリア化  
3.2.2       HSPA+製品群とその拡充    
3.3          LTE戦略             
3.3.1       LTEリリース8までの戦略    
3.3.2       LTE-Advancedの戦略        
3.3.3       マルチモード3G/LTE対応チップセット戦略     
3.4          Femtocell(フェムトセル)戦略             
3.4.1       Femtocell(フェムトセル)の位置づけと戦略       
3.4.2       SoCソリューションをベースとしたCDMA2000 Femtocellの戦略      
3.5          M2M(マシン・ツー・マシン)戦略        
3.5.1       M2M技術へのアプローチ   
3.5.2       nPhase社の戦略  
3.6          SONSelf Organization Network)戦略
3.6.1       SONの必要性      
3.6.2       SONの定義と機能
3.6.3       SONの標準化の現状とクアルコムの戦略          
 
4章 チップセットと半導体製品 
4.1          半導体部門全般   
4.1.1       半導体部門の3つのマーケット          
4.1.2       クアルコムとARM社との連携             
4.1.3       クアルコムと半導体製造技術             
4.2          Mobile Station ModemsMSM)           
4.2.1       MSMNFC(近距離無線通信)テクノロジー     
4.2.2       MSMのスマートフォン向けソリューション           
4.3          シングルチップ・ソリューション            
4.3.1       QSCの状況         
4.3.2       シングルチップのWLAN ソリューション            
4.4          Snapdragonプラットフォーム
4.4.1       Snapdragonの状況
4.4.2       ソフトウェア開発各社とSnapdragonプラットフォームとの連携           
4.5          Gobi:グローバル・モバイル・インターネット技術 
4.5.1       Gobiの状況         
4.5.2       1世代Gobiテクノロジーとソニー   
4.5.3       2世代の内蔵型GobiモジュールGobi2000   
4.5.4       Gobi2000テクノロジーとLenovo社     
4.5.5       GobiモジュールのGPS機能の利用   
 
5章 Android/Windows Mobile/BREW等のプラットフォーム戦略  
5.1          プラットフォーム戦略の全般 
5.1.1       Uplinq2010の開催
5.1.2       Qualcomm Innovation CenterQuIC)の設立     
5.2          BREWBrew MPの戦略    
5.2.1       BREWの採用状況
5.2.2       BREWリレーションシップ     
5.2.3       Brew MPの開発者サポート戦略         
5.2.4       Brew MPと主要テクノロジーとの連携 
5.3          Windows MobilePhone戦略            
5.3.1       Windows PhoneMSM7xxx、Snapdragon          
5.3.2       Windows Phone 7 Seriesのサポート    
5.4          Android戦略        
5.4.1       クアルコムのAndroidソリューション     
5.4.2       クアルコムのOHA参加の理由           
5.4.3       AndroidSnapdragonプラットフォーム
5.5          Symbian戦略        
5.5.1       ノキアとの共同開発計画      
5.5.2       Symbian Foundationへの参加            
5.6          Java戦略             
5.6.1       サン・マイクロシステムズとのJavaの共同開発    
 
6章 モバイルTVとエンターテインメントの戦略   
6.1          モバイルコンテンツサービスと「モバイルTVとエンターテインメント」
6.1.1       クアルコムのモバイルコンテンツとサービス        
6.1.2       モバイルTVとエンターテインメントの戦略         
6.2          MediaFLO - 携帯電話向けコンテンツ配信技術           
6.2.1       MediaFLOの日本国内戦略 
6.2.2       メディアフロージャパン企画の最新動向            
6.2.3       島根ユビキタスプロジェクトの最新動向
6.2.4       米国における最新動向と戦略            
6.2.5       欧州における最新動向と戦略            
6.2.6       次世代モバイル放送技術FLO-EV    
6.3          携帯電話事業者向けプラットフォームPlaza戦略             
6.3.1       Plazaスイート        
 
7章 省電力ディスプレイとスマートブック戦略     
7.1          省電力ディスプレイ mirasol(ミラソル) 
7.1.1       mirasolディスプレイの製造戦略          
7.1.2       mirasolの携帯電話採用事例             
7.1.3       mirasolの携帯電話以外での採用事例
7.2          スマートブック戦略
7.2.1       新カテゴリー「スマートブック」の提唱   
7.2.2       Androidを搭載したSnapdragonベースのスマートブックデバイス      
 
8章 その他の戦略    
8.1          デュアル・マイクロフォン・ノイズ消去技術 Fluence           
8.2          磁界共鳴によるワイヤレス充電技術 eZone       
8.3          安全なデバイスとハードウェア            
8.3.1       QDBS(クアルコム・デプロイアブル・ベース・ステーション) 
8.4          モバイルコマース Firethorn
8.4.1       統合モバイルP2P決済ソリューション 
 
9章 付録資料         
9.1       クアルコムの半導体チップセット一覧          
9.1.1       FSM92xxファミリー             
9.1.2       FSM98xxファミリー             
9.1.3       MDM1000
9.1.4       MDM2000
9.1.5       MDM6200
9.1.6       MDM6600
9.1.7       MDM8200
9.1.8       MDM8200A
9.1.9       MDM8220
9.1.10     MDM8960
9.1.11     MDM9200
9.1.12     MDM9600
9.1.13     MSM6000
9.1.14     MSM6025
9.1.15     MSM6050
9.1.16     MSM6100
9.1.17     MSM6125
9.1.18     MSM6245
9.1.19     MSM6260
9.1.20     MSM6281
9.1.21     MSM7xxxシリーズ
9.1.22     MSM7201
9.1.23     MSM7201A
9.1.24     MSM7230
9.1.25     MSM7630
9.1.26     MSM7227
9.1.27     MSM8xxxシリーズ
9.1.28     MSM8260
9.1.29     MSM8270
9.1.30     MSM8660
9.1.31     MSM8960
9.1.32     PM6610
9.1.33     PM6620
9.1.34     PM6630
9.1.35     PM6640
9.1.36     QSC1100
9.1.37     QSC6010             
9.1.38     QSC6020             
9.1.39     QSC6030             
9.1.40     QSC6055             
9.1.41     QSC6065             
9.1.42     QSC6240             
9.1.43     QSC6270             
9.1.44     QSC6295             
9.1.45     QSD8x50ファミリー             
9.1.46     QSD8250             
9.1.47     QSD8650
9.1.48     QSD8650A
9.1.49     QSD8672             
9.1.50     QTR8600             
9.1.51     QTR8610             
9.1.52     Snapdragonファミリー
9.1.53     WCN1312            
9.1.54     WCN1320            
 
9.2       用語集 
 
索引               
 
【株式会社インプレスR&D】http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。
 
【インプレスグループ】http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D オンライン販売部
102-0075 東京都千代田区三番町20番地
フリーダイヤル:0120-350-995(平日11時~12時、13時~17時)  FAX:03-5213-6297
 
【内容に関するお問い合わせ先、報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 編集担当:威能
102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018

電子メール:im-info@impress.co.jp、URL: http://www.impressRD.jp/