『米国電子出版DAM/DAD事業者調査報告書2011 -急成長する電子出版支援ビジネス 16社の概要-』9/29(水)発売

電子書籍流通のインフラを担うデジタル資産管理/流通ソリューション
先行する米国企業を調査した初の報告書
『米国電子出版DAM/DAD事業者調査報告書2011
-急成長する電子出版支援ビジネス 16社の概要-』
 
2010年9月27日
株式会社インプレスR&D
 

 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、新産業調査レポート『米国電子出版DAM/DAD事業者調査報告書2011』の販売を9月29日(水)より開始します。

 米国でのアマゾンによる電子ブックリーダー「Kindle」の発売、そしてアップルによるiPadの発売と合わせたiBookstoreの登場をきっかけとして、電子書籍市場は日米ともに盛り上がりを見せています。
 一方で、電子書籍流通のためのネットワークの仕組みの開発や、電子書籍出版に参入するための情報通信インフラへの新たな投資を迫られている出版社は、データベースによるコンテンツ管理、DRMの選定、ファイル変換、メタデータ管理、デジタルマーケティング、複雑な印税計算などの処理も取り込まなければならないという課題に直面しています。
 このような流れを受けて、出版社が従来どおりの書籍のプロデュース・企画・編集というコアビジネスに専念できるように、出版物(コンテンツ)をサーバーで管理し、販売サイトの技術要求仕様に応じてファイル変換をした上でネットワークを使って配送し、場合によっては販売サイトから報告される販売数の管理や印税計算なども引き受けるサービスが登場してきています。こうしたサービスを提供する企業を「DAD/DAM(Digital Asset Management/Digital Asset Distribution)」事業者と呼び、出版社にとってのバックエンドをサポートする基盤事業となりそうです。
 この調査報告書は、今後の日本における電子書籍流通のためのインフラストラクチャーについて検討することを目的とし、米国におけるDAD/DAM事業者の事業内容の概略について、主にウェブに公開されている情報を元に粒度を揃えて比較検討したものです。
 
 各章の具体的な内容は下記のとおりです。
 
第1章 電子出版における DAM/DADビジネスとは
 第1章では、DAM/DAD事業者のサービスの特徴を解説しています。また、DAM/DADが注目されるきっかけとなった、アップルがiBookstoreで採用した、出版社のコンテンツをとりまとめる「認定アグリゲーター」の仕組みも解説しています。
 
第2章 DAM/DAD事業者の概要
 第2章では、主要なDAM/DAD事業者として、BiblioCore(TuneCore社)、BookBaby、codeMantra、Constellation、eBook Technologies、Google Editions(Google社)、Impelsys、Ingram Digital、INgrooves、LibreDigital、Lulu、NetRead、OverDrive、Page Foundry、PubIt(Barnes & Noble社)、Smashwordsの概要を掲載しています。主に各企業のウェブページ、カタログなどを参照し、企業概要、サービス内容のほか、公開情報があるものについては経営基盤や創業者、経営者に関する情報も記載しています。
 
 本書は、出版社、新聞社、メディアなどのコンテンツプロバイダーをはじめ、印刷業やコンテンツの電子化に関するソリューションプロバイダーなど、電子出版事業に関わるすべての企業にとって必須となる、国内にはまだ情報の少ない米国DAM/DAD事業者の概要を集めた初の調査報告書です。
 
<<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>
 
米国電子出版DAM/DAD事業者調査報告書2011
-急成長する電子出版支援ビジネス 16社の概要-
インターネットメディア総合研究所 編
 
<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日  :2010年9月29日(水)(予約受付中)
価格     :CD(PDF)版 60,900円(税込)
          CD(PDF)+冊子版 71,400円(税込)
判型     :A4判
ページ数 :64ページ
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 → http://r.impressrd.jp/iil/damdad
 
インプレスR&D インターネットメディア総合研究所の調査報告書は、お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版、CD(PDF)版をご用意しております。
 
 
<<目次 >>
 
はじめに
 
第1章    電子出版におけるDAM/DADビジネスとは
1.1         電子書籍販売サイトの黒子としてのDAM/DAD
1.2         出版プラットフォームとしてのDAM/DAD
 
第2章    DAM/DAD事業者の概要
2.1         BiblioCore(TuneCore社)
2.1.1   概要
2.1.2   サービス内容
2.2         BookBaby
2.2.1   概要
2.2.2   サービス内容
2.3         codeMantra
2.3.1   概要
2.3.2   サービス内容
2.4         Constellation
2.4.1   概要
2.4.2   サービス内容
2.5         eBook Technologies
2.5.1   概要
2.5.2   サービス内容
2.6         Google Editions(Google社)
2.6.1   概要
2.6.2   サービス内容
2.7         Impelsys
2.7.1   概要
2.7.2   サービス内容
2.7.3   創業者/経営者
2.8         Ingram Digital
2.8.1   概要
2.8.2   サービス内容
2.8.3   経営基盤
2.8.4   創業者/経営者
2.9         INgrooves
2.9.1   概要
2.9.2   サービス内容
2.10       LibreDigital
2.10.1概要
2.10.2サービス内容
2.10.3主要取引先
2.10.4経営基盤
2.10.5創業者/経営者
2.11       Lulu
2.11.1概要
2.11.2サービス内容
2.11.3創業者/経営者
2.12       NetRead
2.12.1概要
2.12.2サービス内容
2.13       OverDrive
2.13.1概要
2.13.2サービス内容
2.13.3創業者/経営者
2.14       Page Foundry
2.14.1概要
2.14.2サービス内容
2.14.3創業者/経営者
2.15       PubIt(Barnes & Noble)
2.15.1概要
2.15.2サービス内容
2.16       Smashwords
2.16.1概要
2.16.2サービス内容
2.16.3創業者/経営者
 
索引
 
 
【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。
 
【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D オンライン販売部
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
フリーダイヤル:0120-350-995(平日11時~12時、13時~17時)  FAX:03-5213-6297

report-sales@impress.co.jp

 
【内容に関するお問い合わせ先、報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 編集担当:林
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018