中国電子書籍市場のビジネスモデルの現状やプレーヤーを解説、 市場規模やユーザー像をはじめ市場を読み解くデータが満載 『中国電子書籍ビジネス調査報告書2011』発売

中国電子書籍市場のビジネスモデルの現状やプレーヤーを解説、
市場規模やユーザー像をはじめ市場を読み解くデータが満載
中国電子書籍ビジネス調査報告書2011』発売
 
株式会社インプレスR&D
2011年7月19日
 
 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、中国の電子書籍市場の現状を解説する『中国電子書籍ビジネス調査報告書2011』の販売を7月21日(木)より開始します。
 
 2011年、ついにGDP世界第2位に躍り出た中国。世界の“工場”から“市場”へと大きく変貌する中で、とりわけITの進化は早く、インターネットや携帯電話のユーザー数は他国を引き離し世界第1位となり、さまざまなコンテンツ、サービスが百花繚乱の様相を呈しています。
 
 なかでも、紙の出版物の普及が遅れていた中国では、電子書籍が急激な普及を見せ、パソコン上の小説が、出版業界の構造そのものを揺るがすほどの爆発的なヒットを記録しています。これに押される形で紙の出版社や書店も生き残りをかけてネットへの移行を急ぎ、中国は世界でも類を見ない電子書籍大国への道を歩みつつあります。
 
 しかしながら、中国の電子書籍市場については日本ではあまり知られていないのが現状です。
 
 そこで本報告書では、総務省ユビキタス・アライアンス・プロジェクトにおける中国へのモバイルコンテンツ配信実験の実施団体にてチェアマンを務めるとともに、株式会社オプトの現地法人 北京欧扶特信息科技有限公司にて、実際に中国市場向けマーケティング・広告サービスを実施している寺田眞治氏の執筆により、中国の電子書籍市場のビジネスモデルや代表的なプレーヤーを紹介するとともに、日本との市場比較をはじめとする市場動向を詳細に解説しています。また、市場規模やユーザー像、普及デバイスなどさまざまな統計データを通して、中国の電子書籍市場を俯瞰しています。中国の電子書籍市場への進出・飛躍を目指す出版社・コンテンツプロバイダーにとって必読の一冊です。
 
 インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所では、今後も継続して国内や海外の電子書籍の市場動向を調査し、報告していく予定です。
 
<<調査報告書の構成>>
第1章       中国のインターネット普及状況
1章では、中国の電子書籍市場動向の背景を理解するための前提知識として、中国のインターネット接続数や回線環境、利用デバイス、地域別/性年代別の普及率などについて解説します。
 
第2章       電子書籍の利用動向
2章では、電子書籍の定義や歴史を解説するとともに、現在のビジネスモデル、代表的な電子書籍プレーヤーを紹介し、日本との市場比較などを通して、日本企業が中国に進出するにおいて注意すべき点を解説します。また、電子書籍の利用率や閲覧状況などについても解説しています。
 
第3章       出版物の電子化による電子書籍市場
3章では、デジタル図書館やインターネット・携帯電話による有料閲覧サービスなど、出版物の電子化による電子書籍市場について解説します。また、中国の電子書籍の総数や分野別比率、電子書籍の利用者の傾向などのデータも掲載しています。
 
第4章       モバイル電子書籍
4章では、急成長する携帯電話上における電子書籍市場の現状と、携帯電話上の電子書籍利用者のユーザー像についてデータを掲載しています。
 
第5章       電子書籍リーダー
5章では、漢王や盛大文学の出した新しい電子書籍リーダーの市場動向を、シェアや注目ブランド、性能・価格の動向、利用者動向などさまざまなデータから解説しています。
 
第6章       新たな電子書籍端末の登場
6章では、スマートフォンやタブレット端末のような新しい汎用端末の市場について、その普及動向などを通して解説しています。
 
第7章       電子書籍の嗜好性
7章では、中国の一般ユーザーに行ったコンテンツに対するウェブアンケートの内容について、書籍の嗜好性や、日本の小説・コミックに関するニーズ、オンライン書籍に関するニーズなど、書籍およびオンライン書籍に関するものを抜粋して掲載しています。
 
<<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>
 
『中国電子書籍ビジネス調査報告書2011』
株式会社オプト 寺田 眞治 著
 
<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日  :2011年7月21日(木)(予約受付中)
価格     :CD(PDF)版 89,250円(税込)
          CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)
判型     :A4判
ページ数 :120ページ
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 →http://r.impressrd.jp/iil/CNeBook2011
 
インプレスR&D インターネットメディア総合研究所の調査報告書は、お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版、CD(PDF)版をご用意しております。
 
<< 中国電子書籍ビジネス調査報告書2011』 の目次>>
はじめに
目次
 
1章     中国のインターネット普及状況
1.1          インターネット利用者数
              1.1.1        インターネット接続数の推移
              1.1.2        回線環境
              1.1.3        携帯電話によるインターネット接続数
              1.1.4        利用デバイス
1.2          インターネットユーザーの特徴
              1.2.1        地域別普及率
              1.2.2        性別・年齢別普及率
              1.2.3        収入別普及率
              1.2.4        個人のインターネット利用現状
 
2章     電子書籍の利用動向
2.1          電子書籍の定義と歴史
              2.1.1        電子書籍の定義
              2.1.2        電子書籍配信の歴史
2.2          電子書籍配信の歴史とビジネスモデル
              2.2.1        配信プラットフォームの基本的な構造
              2.2.2        各プレイヤーの構図
2.3          代表的な電子書籍サイト
              2.3.1        IT企業によるポータルサイト(盛大文学)
              2.3.2        端末メーカーによるポータルサイト(漢王)
              2.3.3        書店によるポータルサイト(新华书店)
              2.3.4        技術系企業によるポータルサイト(方正集団)
              2.3.5        データベース(百度)
              2.3.6        モバイルキャリア3社
              2.3.7        各社の動向
2.4          日本との市場比較
              2.4.1        電子書籍大国へと向かう中国
              2.4.2        電子ジャーナル
              2.4.3        今後はリッチ化、マルチメディア化が本格化
2.5          日本企業が中国に進出するには
              2.5.1        日本作品の知名度
              2.5.2        趣味嗜好、ローカライズ
              2.5.3        信頼できる現地パートナーは必須
2.6          電子書籍の利用
              2.6.1        電子書籍の利用率と閲覧数
              2.6.2        閲覧方法の嗜好性
              2.6.3        閲覧時間
2.7          電子書籍の利用の概要
              2.7.1        電子書籍の利用方法
              2.7.2        電子書籍関連サービスにおけるネット利用
              2.7.3        携帯電話による電子書籍コンテンツのポジション
              2.7.4        電子書籍リーダー利用者の特徴
 
3章     出版物の電子化による電子書籍市場
3.1          市場の概要
              3.1.1        出版物の電子化
              3.1.2        出版物の電子化による電子書籍ソフトの市場概要
              3.1.3        市場別推移と予測
              3.1.4        デジタル電子図書館市場
              3.1.5        インターネットによる有料閲覧サービス市場
              3.1.6        携帯電話による有料閲覧市場
              3.1.7        電子書籍リーダーによる市場
3.2          電子書籍の種類
              3.2.1        電子書籍の総数と販売総数
              3.2.2        電子書籍の分野別比率
              3.2.3        ネット上の電子書籍発行量
3.3          中国の電子書籍利用者
              3.3.1        電子書籍の利用者数
              3.3.2        年齢別分布
              3.3.3        学歴別分布
              3.3.4        利用者層推移の傾向
              3.3.5        電子書籍の閲覧場所
              3.3.6        電子書籍閲覧端末
 
4章     モバイル電子書籍
4.1          携帯電話の発展と電子書籍
              4.1.1        ネット接続デバイスとしての携帯電話
              4.1.2        携帯電話の進化
              4.1.3        モバイル・コンテンツにおける電子書籍のポジション
              4.1.4        携帯電話向け電子書籍の推移
              4.1.5        携帯電話向け電子書籍市場の予測
4.2          携帯電子書籍のユーザー像
              4.2.1        基本属性
              4.2.2        ユーザーの学歴、職業
              4.2.3        携帯電子書籍ユーザーのネット接続
              4.2.4        閲覧コンテンツ
              4.2.5        利用シーンと表現方法
              4.2.6        入手方法
              4.2.7        利用頻度と利用時間
              4.2.8        サイトとアプリケーションの利用
              4.2.9        閲覧用アプリケーション
              4.2.10      携帯電話利用料と電子書籍利用料
              4.2.11      課金してもよいコンテンツ
              4.2.12      利用経験のある課金方法
              4.2.13      好まれる課金方式
              4.2.14      携帯電子書籍に対する満足度
              4.2.15      改善点
 
5章     電子書籍リーダー
5.1          電子書籍リーダー市場
              5.1.1        電子書籍リーダー市場
              5.1.2        電子書籍リーダーのシェア
              5.1.3        注目ブランド
              5.1.4        注目端末
              5.1.5        性能の動向
              5.1.6        価格の動向
5.2          電子書籍リーダーの利用者動向
              5.2.1        利用時間
              5.2.2        電子書籍リーダーでの利用コンテンツ
              5.2.3        電子書籍リーダーでのコンテンツ利用金額
 
6章     新たな電子書籍端末の登場
6.1          スマートデバイスの流行というインパクト
              6.1.1        スマートデバイス
              6.1.2        スマートフォンの普及
              6.1.3        タブレット端末市場の急拡大
              6.1.4        スマートデバイス向け電子書籍ポータル
 
7章     電子書籍の嗜好性
7.1          書籍の嗜好性
              7.1.1        アンケート概要
              7.1.2        よく読む本のジャンル(上位20)
              7.1.3        どの地域の小説に興味があるか(上位20)
7.2          日本の小説・コミックに関するニーズ
              7.2.1        日本の小説の閲読状況
              7.2.2        知っている日本の作家・作品名(上位20)
              7.2.3        知っている日本のマンガ
7.3          オンライン書籍に関するニーズ
              7.3.1        パソコンのインターネットで利用するサービス(上位20)
              7.3.2        有料で利用しているパソコンのインターネット上のサービス(上位20)
              7.3.3        携帯電話で利用するサービス(上位20)
              7.3.4        携帯電話で利用している有料サービス(上位20)
 
付録 CD-ROM        本文PDF
 
 
【寺田 眞治】
株式会社オプト 海外事業本部/北京欧扶特信息科技有限公司 董事 総経理
新聞社、メーカーのハウスエージェンシーを経て、携帯コンテンツのベンチャー、サイバードの設立に参画。その後、三菱商事、インデックス執行役員を経て2008年より(株)オプト。総務省の各種委員やオブザーバーをはじめ、業界団体の活動にも従事し、MCF理事兼海外ビジネス推進副部会長、EMA監事を現任。平成21~22年度総務省ユビキタス・アライアンス・プロジェクトにおける中国へのモバイルコンテンツ配信実験の実施団体にてチェアマンを務める。著書に『ライフログビジネス』、『モバイルマーケティングコンサルタント養成講座』(共著)、『P2P教科書』(共著)、その他インターネット白書、ケータイ白書などに寄稿。
 
【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。
 
【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D オンライン販売部
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
フリーダイヤル:0120-350-995(平日11時~12時、13時~17時)  FAX:03-5213-6297
 
【内容に関するお問い合わせ先、報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 編集担当:池辺
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018

電子メール: im-info@impress.co.jp、URL: http://www.impressRD.jp/