日本の電子書籍市場規模を2010年度で650億円、2015年度に2000億円と推計した 『電子書籍ビジネス調査報告書2011』 『電子コミックビジネス調査報告書2011』を7/28(木)2冊同時発売

日本の電子書籍市場規模を2010年度で650億円、2015年度に2000億円と推計した
『電子書籍ビジネス調査報告書2011』
『電子コミックビジネス調査報告書2011』  7/28(木)2冊同時発売
 
株式会社インプレスR&D
2011年7月26日
 
 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、電子書籍市場の全体を解説した『電子書籍ビジネス調査報告書2011』、日本の強みである電子コミックの現状をまとめた『電子コミックビジネス調査報告書2011』の販売を7月28日(金)より開始いたします。
 
 『電子書籍ビジネス調査報告書』は、電子書籍ビジネス黎明期の2003年に第1号目を発行し、今年で9年目を迎えます。本報告書は、毎年日本の電子書籍の市場規模を発表し、市場の成長を定量的に捉えるとともに、「出版社」「電子取次」「販売サイト」「通信事業者」「アプリマーケットプレース」など多方面にわたる取材により、業界の取り組みを総合的に伝え、電子書籍ビジネスの定番資料として多くの方にご活用いただいています。また、『電子コミックビジネス調査報告書』は2006年に第1号を発行し、今年で6年目を迎えます。日本の強みであるコミックに特化し、その潜在的なビジネスの可能性について報告しています。
 2011年版では、2015年までの市場規模の推移予測を掲載するほか、スマートフォン、電子ブックリーダー、タブレット端末など新たなプラットフォームの拡大を受けて様変わりする業界の動きを詳細に解説しています。60社以上の出版社アンケート(『電子書籍ビジネス調査報告書2011』』)やユーザー調査、海外の電子書籍市場動向も紹介し、日本の電子書籍・電子コミックの今後を占ううえで必須の資料が満載です。
 
 『電子書籍ビジネス調査報告書2011』では、市場規模や展望、主要プレイヤーの動向、プラットフォーム、デバイス、フォーマット、海外市場、出版社動向、ユーザー動向など、この一冊で電子書籍ビジネスが理解できる内容となっています。
 『電子コミックビジネス調査報告書2011』では、日本の強みであるコミックコンテンツの潜在的なビジネスの可能性について分析しています。
各報告書の詳細な内容は以下の通りです。
 
<<電子書籍ビジネス調査報告書2011の構成>>
※掲載内容が『電子コミックビジネス調査報告書2011』と重複する箇所があります。
 
■第1電子書籍の市場規模
2015年までの電子書籍市場規模&推移予測を発表しています。また、今年から電子雑誌の市場規模算出、電子出版産業規模を発表しています。
 
■第2電子書籍ビジネスの業界構造と最新動向
電子書籍ビジネスの業界動向と最新のトピックスを紹介、今後の電子書籍ビジネスを展望しています。
 
■第3アプリマーケットプレースの最新動向
App Storeにおける電子書籍アプリの2011年上半期ランキングを発表。iPad、iPhone、それぞれの無料、有料、トップセールスアプリのトップ100を算出しています<Appinfo情報提供>。
また、App Store、Android Marketの情報を紹介しています。
 
■第4電子書籍販売ストアの最新動向
■第5出版社と電子取次の最新動向
電子書籍販売ストア17店舗(16社)、出版社10社、取次2社、携帯電話通信事業者3社など30社以上に対して、個票をもとにした独自ヒアリング調査を実施し、各プレイヤーの動向を明らかにしています。
 
■第6海外電子書籍市場の動向
第6章では、米国、中国、韓国の電子書籍(関連)市場における動向を解説します。※『米国電子書籍ビジネス調査報告書2011』『中国電子書籍ビジネス調査報告書2011』などから抜粋。
 
■第7電子ブック/コンテンツリーダーとスマートフォン動向
「専用端末」「電子書籍も読める汎用タブレット端末」「スマートフォン」にわけての代表的な10機種の概要や機能を紹介しています。※『世界の電子ブックリーダー調査報告書2011』より抜粋、加筆再編集。
 
■第8電子書籍フォーマット最新動向
電子書籍のフォーマットについて、重要性や概念などの基礎知識と、代表的なフォーマットの概要を紹介しています。※『電子出版文書フォーマット技術動向調査報告書2010-2011』より抜粋、加筆再編集。
 
■第9国内出版社の電子書籍ビジネスに関する現状と課題調査
調査結果から、出版社が抱える課題と現状について分析する。国内出版社を対象にした本調査では、力を入れていきたいプラットフォームや電子書籍の適正価格、電子化への課題など20項目以上にわたりヒアリングしています。(出版社回答数61社)
 
■第10新たなプラットフォーム向け電子書籍ユーザーの利用実態調査
スマートフォンやタブレット端末、電子ブックリーダーなど新たなプラットフォームにおける電子書籍ユーザーを対象に、「電子書籍の利用率」「電子書籍を購読する端末」「1か月あたりのアプリの平均購入金額」「電子書籍の満足度」「1か月あたりの電子書籍の販売ストアで購入する平均金額」など40以上の設問にわたって利用実態の詳細やユーザーの意向を調査しています。
 
■特別付録 2010-2011年電子書籍ニュース一覧
2010年7月-2011年6月末までの電子書籍ニュース一覧を時系列で掲載しています。
 
<<電子コミックビジネス調査報告書2011の構成>>
※掲載内容が『電子書籍ビジネス調査報告書2011』と重複する箇所があります。
 
■第1電子書籍の市場規模
2015年までの電子書籍市場規模&推移予測を発表しています。また、今年から電子雑誌の市場規模算出、電子出版産業規模を発表しています。
 
■第2電子書籍ビジネスの業界構造と最新動向
電子書籍ビジネスの業界動向と最新のトピックスを紹介し、今後の電子書籍ビジネスを展望しています。
 
■第3アプリマーケットプレースの最新動向
App Storeにおける電子書籍アプリの2011年上半期ランキングを発表しています。iPad、iPhone、それぞれの無料、有料、トップセールスアプリのトップ100を算出しています<Appinfo情報提供>。
また、App Store、Android Marketの情報を紹介しています。
 
■第4電子コミック販売ストアと電子書籍販売ストアの最新動向
■第5電子コミックにおける出版社の最新動向
■第6電子取次の最新動向
電子コミックを主に扱う電子コミックストア7店舗(6社)と電子書籍販売ストア15店舗(14社)、出版社10社、取次2社、携帯電話通信事業者3社など30社以上に対して、個票をもとにした独自ヒアリング調査を実施。各プレイヤーの動向を明らかにしています。
 
7国内出版社の電子書籍ビジネスに関する現状と課題調査
調査結果から、出版社が抱える課題と現状について分析しています。国内出版社を対象にした本調査では、力を入れていきたいプラットフォームや電子書籍の適正価格、電子化への課題など20項目以上にわたりヒアリングしています。(出版社回答数61社)
 
■第8ケータイ電子書籍ユーザー利用実態調査
ケータイ電子書籍ユーザーを対象に、「利用率」「満足度」「1か月あたりの平均購入金額」「スマートフォン入手後のケータイ電子書籍の購入意向」「新しいプラットフォームでの電子書籍の利用意向」など27項目にわたり調査を実施、利用実態を明らかにしています。
 
■特別付録 2010-2011年電子書籍ニュース一覧
2010年7月-2011年6月末までの電子書籍ニュース一覧を時系列で掲載しています。
 
<<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>
 
『電子書籍ビジネス調査報告書2011』
OnDeck編集部 監修
インターネットメディア総合研究所 著
 
<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日   :2011年7月28日(木)(予約受付中)
価格     :CD(PDF)版 60,900円(税込)
          CD(PDF)+冊子版 71,400円(税込)
判型     :A4判
ページ数 :438ページ
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 →http://r.impressrd.jp/iil/eBook2011
 
『電子コミックビジネス調査報告書2011』
OnDeck編集部 監修
インターネットメディア総合研究所 著
 
<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日   :2011年7月28日(木)(予約受付中)
価格     :CD(PDF)版 60,900円(税込)
          CD(PDF)+冊子版 71,400円(税込)
判型     :A4判
ページ数 :342ページ
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 →http://r.impressrd.jp/iil/eComic2011
 
 
インプレスR&D インターネットメディア総合研究所の調査報告書は、お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版、CD(PDF)版をご用意しております。
 
<< 『電子書籍ビジネス調査報告書2011』 の目次>>
※掲載内容が『電子コミックビジネス調査報告書2011』と重複する箇所があります。
 
はじめに           
1 電子書籍の市場規模
1.1          電子書籍市場規模の推移
1.1.1       市場規模の推移
1.1.2       市場規模の内訳
1.1.3       電子雑誌市場規模
1.1.4       電子書籍のタイトル数
1.1.5       電子書籍のプラットフォーム別平均単価
 
2 電子書籍ビジネスの業界構造と最新動向
2.1          電子書籍ビジネスの業界構造
2.1.1       電子書籍市場で相次ぐ合従連衡
2.2          電子書籍ビジネスの最新トピック
2.2.1       2010年の「電子書籍元年」ブームは何であったのか?
2.2.2       「i文庫HD」「もしドラ」「適当日記」がiPadで大ヒット
2.2.3       iPadで電子雑誌ストアが本格始動
2.2.4       本好きに支持されたソニーReader
2.2.5       シャープGALAPAGOSの課題
2.2.6       総務省「新ICT利活用サービス創出支援事業」
2.2.7       EPUB3で本格化するグローバル電子書籍市場
2.2.8       東日本大震災と電子出版
2.3          2011年の電子書籍ビジネスを展望
 
3 アプリマーケットプレースの最新動向
3.1          アプリマーケットプレース
3.1.1       App Store
3.1.2       Android Market
3.2          2011年上半期App Storeにおける 電子書籍アプリランキング
3.2.1       調査概要・目的
3.2.1       順位算出方法
3.2.2       iPhone無料アプリトップ100
3.2.1       iPhone有料アプリトップ100
3.2.2       iPhoneトップセールスアプリトップ100
3.2.3       iPad無料アプリトップ100
3.2.4       iPad有料アプリトップ100
3.2.5       iPadトップセールスアプリ トップ100
 
4 電子書籍販売ストアの最新動向
4.1          電子書籍販売ストアの動向
4.1.1       各電子書籍販売ストアの概要
4.1.2       honto&2Dfacto
4.1.3       LISMO Book Store
4.1.4       Reader Store
4.1.5       Book Live
4.1.6       紀伊國屋書店BookWebPlus
4.1.7       BOOK☆WALKER
4.1.8       Book Gate
4.1.9       eBookJapan
4.1.10     TSUTAYA GALAPAGOS
4.1.11     DMM.com
4.1.12     Voyager Store
4.1.13     電子書店パピレス
4.1.14     電子貸本Renta!
4.1.15     パブー
4.1.16     ブックパブ
4.1.17     電子文庫パブリ
4.1.18     楽天ダウンロード
4.2          海外の電子書籍販売サイトの動向
4.2.1       Kindle(amazon.com)
4.2.2       iBookstore(Apple)
4.2.3       Google eBooks(Google)
 
5 出版社と電子取次の最新動向
5.1          出版社の動向
5.1.1       出版社の概要
5.1.2       講談社
5.1.3       集英社
5.1.4       新潮社
5.1.5       文芸春秋
5.1.6       PHP研究所
5.1.7       ダイヤモンド社
5.1.8       中央公論新社
5.1.9       幻冬舎
5.1.10     主婦の友社
5.1.11     角川グループ
5.2          電子取次の動向
5.2.1       ビットウェイ
5.2.2       モバイルブック・ジェーピー
 
6 海外電子書籍市場の動向
6.1          米国における電子書籍市場の動向
6.1.1       米国の出版産業規模
6.1.2       出版産業全体の規模
6.1.3       電子書籍産業の規模
6.1.4       米国の出版流通構造
6.1.5       出版エージェント
6.1.6       小売価格の決定
6.1.7       書店以外での書籍の販売チャネル
6.1.8       物流業者とホールセラー
6.1.9       書店チェーンと独立系書店
6.2          中国における電子書籍市場の動向
6.2.1       中国における電子書籍の定義と歴史
6.2.2       電子書籍配信の歴史
6.2.3       電子書籍配信の歴史とビジネスモデル
6.2.4       各プレイヤーの構図
6.2.5       電子書籍の利用
6.3          韓国における電子書籍の動向
6.3.1       韓国の電子書籍市場の現況
6.3.2       韓国の電子書籍サービスおよびソリューション技術動向
 
7 電子ブック/コンテンツリーダーとスマートフォン動向
7             第7章の内容について
7.1          電子書籍/コンテンツリーダー
7.1.1       アマゾン Kindle3 (3G + Wi-Fi)
7.1.2       バーンズアンドノーブル nook color
7.1.3       ソニー Reader Pocket Edition PRS-350 US版
7.1.4       KDDI au biblio leaf SP02
7.1.5       シャープ GALAPAGOS EB-W51GJ
7.2          電子書籍も読める汎用タブレット端末
7.2.1       アップル iPad
7.2.2       アップル iPad2
7.2.3       サムスン GALAXY Tab
7.3          スマートフォン
7.3.1       iPhone 4
7.3.2       GALAXY S
              
8 電子書籍フォーマット最新動向
8             第8章の内容について
8.1          電子文書とフォーマットとは
8.2          電子出版における文書フォーマットの重要性
8.3          電子書籍フォーマットにおける2つの概念
8.3.1       リフロータイプ
8.3.2       非リフロータイプ
8.4          電子出版文書フォーマット一覧
8.4.1       AZW
8.4.2       ドットブック(.book)
8.4.3       CEBX
8.4.4       EPUB
8.4.5       MOBI
8.4.6       PDF
8.4.7       TPZ
8.4.8       概要
8.4.9       TTZ
8.4.10     XMDF
 
9 国内出版社の電子書籍ビジネスに関する現状と課題調査
9.1          調査概要
9.1.1       調査概要
9.1.2       回答者のプロフィール
9.2          調査総括
9.3          電子書籍の実態
9.3.1       電子書籍の有無
9.3.2       電子書籍のジャンル
9.3.3       電子書籍の販売チャネル
9.3.4       電子書籍の総タイトル数
9.3.5       電子書籍化されたタイトルのオリジナル
9.3.6       電子書籍のファイル形式
9.3.7       App Storeへのアプリの提供状況
9.3.8       紙と電子の同時発売の有無
9.3.9       電子書籍化の実作業の担当
9.3.10     電子書籍に対して実施したマーケティング手法
9.3.11     ソーシャルリーディングへの取り組み
9.4          電子書籍に対する意向
9.4.1       電子書籍商品の企画立案者
9.4.2       書籍(紙)と比較して適正だと思う電子書籍の価格
9.4.3       出版契約書における電子書籍化についての条項の有無
9.4.4       強化すべきと思う電子書籍における出版社の役割
9.4.5       EPUBへの対応方針
9.4.6       DRMへの考え方
9.4.7       電子書籍によって広がると思うビジネスの可能性
9.4.8       アマゾンPODサービスに対する意向
9.4.9       電子書籍ビジネスにおけるハードル
9.4.10     現在と3年後における書籍(紙)と電子書籍の売上比率や利益比率(自由意見)
9.4.11     電子書籍に対する自由意見
 
10              新たなプラットフォーム向け電子書籍ユーザーの利用実態
10.1        調査概要
10.1.1     調査概要
10.1.2     回答者のプロフィール
10.2        電子書籍の利用状況
10.2.1     電子書籍の利用率
10.2.2     電子書籍を購読する端末
10.3        電子書籍購読者の書籍の購読状況
10.3.1     1か月に読む紙の書籍の冊数
10.3.2     1か月に読む紙の雑誌の冊数
10.3.3     1か月に購入する紙の書籍の冊数
10.3.4     1か月に購入する紙の雑誌の冊数
10.3.5     電子書籍購入による紙の書籍の購入量の変化
10.3.6     電子書籍購入による紙の雑誌の購入量の変化
10.3.7     購読する紙の書籍や雑誌のジャンル
10.3.8     紙の書籍の購入場所
10.3.9     紙の雑誌の購読場所
10.3.10   書店に行く頻度
10.3.11   ネット書店にアクセスする頻度
10.4        有料電子書籍の購読状況
10.4.1     購読する電子書籍や雑誌のジャンル
10.4.2     電子書籍を購読する端末
10.4.3     電子書籍を購読する場所
10.4.4     電子書籍の購入先のサイト
10.4.5     電子書籍を購入するサイトの選択理由
10.4.6     電子書籍を購入するサイトは毎回同じか
10.4.7     購入するスマートフォンやタブレット端末のアプリのジャンル
10.4.8     1か月あたりのアプリの平均購入金額
10.4.9     アプリの購入金額のうち、電子書籍アプリが占める割合
10.4.10   1か月あたりの電子書籍の販売ストアで購入する平均金額
10.4.11   1か月あたりの平均購入冊数
10.4.12   電子書籍の購入金額の今後の見込み
10.4.13   電子書籍販売ストやアプリストアへのアクセス頻度
10.4.14   電子書籍のまとめ買いの経験
10.4.15   電子書籍の購入形式
10.4.16   マルチデバイスでの購読経験
10.4.17   電子書籍の探し方
10.4.18   電子書籍を購入するきっかけ
10.4.19   アプリストアと電子書籍販売ストアでの購入割合
10.4.20   携帯電話での購入経験
10.4.21   電子書籍の人に勧めた経験
10.5        評価と意向
10.5.1     電子書籍の満足度
10.5.2     電子書籍のいいと思う点
10.5.3     電子ブックリーダーに求める機能
10.5.4     表示形式(リフロー)への意向
10.5.5     電子書籍の購読で欲しい機能
10.5.6     電子書籍ならではの機能や付加価値に対する意向
10.5.7     今後電子書籍を読みたい端末
10.5.8     電子書籍の購入量の予測
10.5.9     電子書籍の適正価格に対する意向
10.5.10   電子書籍の発売を待てる期間
10.5.11   電子書籍の普及時期
 
特別付録2010-2011年電子書籍ニュース一覧 
付録 CD-ROM 本文PDF

 

<< 『電子コミックビジネス調査報告書2011』 の目次>>
※掲載内容が『電子書籍ビジネス調査報告書2011』と重複する箇所があります。
 
はじめに                 
 
1 電子書籍の市場規模
1.1          電子書籍市場規模の推移
1.1.1       市場規模の推移
1.1.2       市場規模の内訳
1.1.3       電子雑誌市場規模
1.1.4       電子書籍のタイトル数
1.1.5       電子書籍のプラットフォーム別平均単価
 
2 電子書籍ビジネスの業界構造と最新動向
2.1          電子書籍ビジネスの業界構造と動向
2.1.1       電子書籍市場で相次ぐ合従連衡
2.2          電子コミックビジネスの最新動向
2.2.1       予想以上に堅調だったケータイ電子コミック市場
2.2.2       日本の電子コミックにアップル審査基準の壁
2.2.3       iPad登場以来、好調なeBookJapan
2.2.4       ストリーミング配信で時代を先取りするパピレス「Renta!」
2.2.5       小学館「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」 が1900万ダウンロードを突破
2.2.6       角川グループの配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」
2.2.7       EPUB 3は電子コミック世界進出にとって追い風
2.2.8       BookLive!がEPUB 3対応コミックビューワ 「BookLive!Reader」を発表
2.3          2011年の電子書籍ビジネスを展望
 
3 アプリマーケットプレースの最新動向
3.1          アプリマーケットプレース
3.1.1       App Store
3.1.2       Android Market
3.2          2011年上半期App Storeにおける 電子書籍アプリランキング
3.2.1       調査概要・目的
3.2.1       順位算出方法
3.2.2       iPhone無料アプリトップ100
3.2.1       iPhone有料アプリトップ100
3.2.2       iPhoneトップセールスアプリトップ100
3.2.3       iPad無料アプリトップ100
3.2.4       iPad有料アプリトップ100
3.2.5       iPadトップセールスアプリ トップ100
 
4 電子コミック販売ストアと電子書籍販売ストアの最新動向
4.1          電子コミック販売ストアの動向
4.1.1       電子コミック販売ストアの概要
4.1.2       地球書店
4.1.3       コミックシーモア
4.1.4       集英社社マンガカプセル
4.1.5       comic.jp
4.1.6       ケータイ★まんが王国
4.1.7       Handyコミック
4.1.8       Yahoo!コミック
4.2          電子書籍販売ストアの動向
4.2.1       電子書籍販売ストアの概要
4.2.2       honto&2Dfacto
4.2.3       LISMO Book Store
4.2.4       Reader Store
4.2.5       Book Live
4.2.6       BOOK☆WALKER
4.2.7       Book Gate
4.2.8       eBookJapan
4.2.9       TSUTAYA GALAPAGOS
4.2.10     DMM.com
4.2.11     Voyager Store
4.2.12     電子書店パピレス
4.2.13     電子貸本Renta!
4.2.14     パブー
4.2.15     ブックパブ
4.2.16     楽天ダウンロード
 
5 電子コミックにおける出版社の最新動向
5.1          出版社の動向
5.1.1       出版社の概要
5.1.2       講談社
5.1.3       集英社
5.1.4       角川グループ
5.1.5       主婦の友社
5.1.6       双葉社
5.1.7       白泉社
5.1.8       少年画報社
5.1.9       徳間書店
 
6 電子取次の最新動向
6.1          電子取次の動向
6.1.1       ビットウェイ
6.1.2       モバイルブック・ジェーピー
 
7 国内出版社の電子書籍ビジネスに関する現状と課題調査
7.1          調査概要
7.1.1       調査概要
7.1.2       回答者のプロフィール
7.2          調査総括
7.3          電子書籍の実態
7.3.1       電子書籍の有無
7.3.2       電子書籍のジャンル
7.3.3       電子書籍の販売チャネル
7.3.4       電子書籍の総タイトル数
7.3.5       電子書籍化されたタイトルのオリジナル
7.3.6       電子書籍のファイル形式
7.3.7       App Storeへのアプリの提供状況
7.3.8       紙と電子の同時発売の有無
7.3.9       電子書籍化の実作業の担当
7.3.10     電子書籍に対して実施したマーケティング手法
7.3.11     ソーシャルリーディングへの取り組み
7.4          電子書籍に対する意向
7.4.1       電子書籍商品の企画立案者
7.4.2       書籍(紙)と比較して適正だと思う電子書籍の価格
7.4.3       出版契約書における電子書籍化についての条項の有無
7.4.4       強化すべきと思う電子書籍における出版社の役割
7.4.5       EPUBへの対応方針
7.4.6       DRMへの考え方
7.4.7       電子書籍によって広がると思うビジネスの可能性
7.4.8       アマゾンPODサービスに対する意向
7.4.9       電子書籍ビジネスにおけるハードル
7.4.10     現在と3年後における書籍(紙)と電子書籍の売上比率や利益比率(自由意見)
7.4.11     電子書籍に対する自由意見
 
8 ケータイ電子書籍ユーザー利用実態調査
8.1          調査概要
8.1.1       調査概要
8.2          認知度と利用率
8.2.1       認知度
8.2.2       利用率
8.2.3       利用者構成
8.2.4       パソコン電子書籍の利用率
8.3          利用者の利用実態
8.3.1       購読するジャンル
8.3.2       入手サイト
8.3.3       サイトの選択理由
8.3.4       電子書籍の探し方
8.3.5       電子書籍の購読場所
8.3.6       紙の書籍での続きの購入経験
8.4          購入者の実態
8.4.1       1か月あたりの入手冊数(タイトル)
8.4.2       1か月あたりの平均購入金額
8.4.3       販売サイトへのアクセス頻度
8.4.4       購入形式
8.4.5       大人買いの経験有無
8.4.6       今後の電子書籍の購入金額の予想
8.5          電子書籍に対する意見
8.5.1       満足度
8.5.2       ケータイ電子書籍の便利だと思う点
8.5.3       ケータイ電子書籍の不便だと思う点
8.6          新たなプラットフォーム向け電子書籍への意向
8.6.1       電子ブックリーダーの認知度
8.6.2       タブレット端末の所有状況
8.6.3       スマートフォンの所有状況
8.6.4       スマートフォンの電子書籍アプリの購入経験
8.6.5       スマートフォン入手後のケータイ電子書籍の購入意向
8.6.6       新しいプラットフォームでの電子書籍の利用意向
8.6.7       新たなプラットフォームでの電子書籍で読みたいジャンル
8.6.8       新たなプラットフォームの電子書籍利用の場合、ケータイ電子書籍の利用意向
特別付録2010-2011年電子書籍ニュース一覧 
付録 CD-ROM 本文PDF
 
【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。
 
 
【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D オンライン販売部
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
フリーダイヤル:0120-350-995(平日11時~12時、13時~17時)  FAX:03-5213-6297
 
【内容に関するお問い合わせ先、報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 編集担当:河野
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018

電子メール: im-info@impress.co.jp、URL: http://www.impressRD.jp/