企業が取り組んでいるソーシャルメディアは、Twitterが58.0%、Facebookが38.7%―― 『企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011』 [注目活用事例と企業担当者1000人調査~クロス集計データ付属]発売

企業が取り組んでいるソーシャルメディアは、Twitterが58.0%、Facebookが38.7%
『企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011』
[注目活用事例と企業担当者1000人調査~クロス集計データ付属]発売

株式会社インプレスR&D
2011年9月20日

 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、企業のソーシャルメディアの利用動向を詳細に調査した『企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011[注目活用事例と企業担当者1000人調査~クロス集計データ付属]』の販売を9月22日(木)より開始します。

 2000年代中盤から急速に普及したブログやSNSといったソーシャルメディアは、いまやインターネットの中核ともいえる存在となり、個人のライフスタイルや企業のマーケティング活動において無視できない重要なメディアとなっています。
 さらに2010年からはリアルタイムなソーシャルストリームを実現するTwitterや実名制のFacebookといった新しいソーシャルメディアの急成長や、ソーシャルグラフ(人と人との関係性)を活用したソーシャルアプリビジネスの台頭、スマートフォンなどのモバイルデバイスの急速な普及による利用機会・利用場所の拡大などもあり、近年、ますますソーシャルメディアの重要性は増しつつあります。
 
 そこで本報告書では、ソーシャルメディア活用の視点や、注目すべき最新のソーシャルメディア活用事例、TwitterとFacebookの企業活用の概況など、最新の企業活用動向を解説するとともに、企業のオンラインマーケティング担当者で、すでにソーシャルメディアに取り組んでいる860人と、取り組んでいない175人に対し、詳細な利用実態調査を行い、調査結果の単純集計および業種別・従業員規模別のクロス集計結果を掲載・解説しています。調査結果は、プレゼンなどにすぐ使えるよう、エクセル形式でCD-ROMにも収録しています。ソーシャルメディアを利用したビジネスやマーケティングを行いたい企業や広告代理店などにとって必読の一冊です。
 インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所では、今後も継続して、ソーシャルメディアをはじめとするインターネットの最新動向を調査し、報告していく予定です。
 
<<『企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011』の注目の調査結果>>
Twitter利用は58.0%、Facebook利用は38.7%、うちFacebookページ開設は33.6%
 何らかのソーシャルメディアに取り組んでいる企業において、取り組んでいるソーシャルメディアでは、「Twitter」が58.0%で最も高く、「ブログ」が44.5%で2位、以下「Facebook」(38.7%)、「mixi」(35.0%)のSNSが続く。映像系のソーシャルメディアでは「YouTube」が31.7%でSNSに次いでいる。
Facebook利用企業において、Facebookページを「開設している」のは33.6%であり、「開設を検討している」のは37.2%となっている。
 
 
 
 ■運用ポリシーを策定しているのは67.0%、守られているのは50.0%
 ソーシャルメディアの運用にあたっての運用ポリシーの有無と遵守状況を見ると、まず運用ポリシーを策定しているのは67.0%である。また、「遵守している」と「ある程度守られている」を足すと50%となり、運用ポリシーを策定している企業のうち4分の3はある程度以上守られていることになる。

 従業員規模別に見ると、規模の大きい企業ほど運用ポリシーを策定している比率も、ポリシーが守られている比率も高くなる傾向にある。運用ポリシーを策定している比率の合計は、9人以下の企業では33.0%にとどまるが、1000人以上の企業では85%以上まで高まる。

 <<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>

 
『企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011』
インターネットメディア総合研究所 編
太駄 健司、インターネットメディア総合研究所 著
 
<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日   :2011年9月22日(木)(予約受付中)
価格     :CD(PDF)版 60,900円(税込)
           CD(PDF)+冊子版 71,400円(税込)
判型     :A4判
ページ数 :210ページ
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 →http://r.impressrd.jp/iil/Esocialmedia2011
 
弊社の調査報告書は「libura PRO(ライブラ・プロ)」からもご購入いただけます(新刊は近日登録予定)。 →https://libura-pro.com/
 
※libura PROでは、誌面イメージを確認してから、ダウンロード版/CD版/冊子版を購入していただけるだけでなく、商品の興味のある一部分(現在は章単位)だけを選んで購入したり、選んだ部分をPOD(プリント・オン・デマンド)で製本してご購入いただくことができます。
 
インプレスR&D インターネットメディア総合研究所の調査報告書は、お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版、CD(PDF)版をご用意しております。
 
<<目次 >>
はじめに
目次
 
1章     ソーシャルメディア活用の視点
1.1          急成長するソーシャルメディア
              1.1.1        消費者にソーシャルメディアが浸透
              1.1.2        TwitterFacebook
              1.1.3        ソーシャルグラフの更新性
1.2          企業もソーシャルメディアを活用
              1.2.1        企業もソーシャルメディアに注目
              1.2.2        ソーシャルメディア活用の課題
              1.2.3        今後の予測
 
2章     注目すべき新たなソーシャルメディア活用事例
2.1          ソーシャル広告
              2.1.1        ソーシャル広告とは
              ■ アジャイルメディア・ネットワーク「ソーシャルバナー」
              Fringe81「Tweetbanner Post」
              2.1.2        ウィジェット広告
              ■ 海外のコカ・コーラのウィジェット広告
              2.1.3        広告表現と配信技術にソーシャルグラフを利用
              ■ マイスペース
              ■ ポカリスエット
              ■ ナイキジャパン
2.2          ソーシャルコマース
              2.2.1        ソーシャルコマースとは
              2.2.2        Facebookで商品やサービスを販売
              ■ 洗剤ブランド「Tide」
              2.2.3        Facebookと連携
              The Levi's Friends Store
              ■ 楽天市場
              2.2.4        フラッシュマーケティング
              ■ グルーポン
              ■ ポンパレ
              2.2.5        オフラインの商取引を促進
              ■ ディーゼル
              2.2.6        モバイルソーシャルメディア
              Facebookの「Check-in Deals(チェックインクーポン)」
2.3          ソーシャルCRM
              2.3.1        ソーシャルCRMとは
              2.3.2        具体的な取り組み
              JetBlue Airways
              Twelpforce Best Buy
              ■ ソフトバンク
 
3章     TwitterとFacebookの現状
3.1          Twitter
              3.1.1        サービス概要
              3.1.2        日本での利用動向
              3.1.3        企業活用動向
              3.1.4        広告プログラム
3.2          Facebook
              3.2.1        サービス概要
              3.2.2        日本での利用動向
              3.2.3        企業活用
 
4章     企業のソーシャルメディア利用実態
4.1          調査概要
              4.1.1        調査概要
              4.1.2        回答者のプロフィール
4.2          ソーシャルメディア利用状況
              4.2.1        企業のソーシャルメディア利用率
              4.2.2        取り組んでいるソーシャルメディア
4.3          利用実態
              4.3.1        利用しているアカウントの単位
              4.3.2        ソーシャルメディア利用の目的
              4.3.3        利用開始時期
              4.3.4        保有しているアカウント数
              4.3.5        Twitterのアカウント名
              4.3.6        Twitterのフォロワー数
              4.3.7        Facebookページの有無
              4.3.8        Facebookページの数
4.4          運用状況
              4.4.1        担当者の専任状況
              4.4.2        運用担当者の人数
              4.4.3        運用ポリシーの有無と遵守状況
              4.4.4        利用に関する社内勉強会や研修の有無
              4.4.5        ソーシャルメディアの運用予算
              4.4.6        ソーシャルメディア運用の課題
4.5          効果
              4.5.1        利用しているソーシャルメディア別の効果
              4.5.2        利用目的別の効果
4.6          今後の意向
              4.6.1        利用していないソーシャルメディアの利用意向
              4.6.2        非利用企業のソーシャルメディアの利用意向
              4.6.3        ソーシャルメディアに取り組まない理由
 
付録 CD-ROM        集計表・グラフ(エクセル)、本文(PDF)
 
 
【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。
 
【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D オンライン販売部
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
フリーダイヤル:0120-350-995(平日11時~12時、13時~17時)  FAX:03-5213-6297
 
【内容に関するお問い合わせ先、報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 編集担当:池辺
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018
電子メール: im-info@impress.co.jp、URL: http://www.impressRD.jp/