AndroidのOSシェアはスマートフォンで60.9%、タブレット端末で25.6% iOSユーザーとの違いが鮮明に 『Android利用動向調査報告書2012』 1月19日(木)発売

AndroidのOSシェアはスマートフォンで60.9%、タブレット端末で25.6%
iOSユーザーとの違いが鮮明に
『Android利用動向調査報告書2012』
1月19日(木)発売

株式会社インプレスR&D
2012年1月17日
 

 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、Android OSを搭載したスマートフォンとタブレット端末の利用実態をまとめた『Android利用動向調査報告書2012』の販売を1月19日(木)より開始します。

 2007年のiPhoneの登場を皮切りにスマートフォン市場は急速に拡大してきており、発売される携帯電話端末もスマートフォン中心になってきています。しかし、現在ではNTTドコモやauからAndroidを搭載したスマートフォンが次々に発売され、OSシェアではiOSを逆転しています。
 また、タブレット端末も当初、発売されていた機種はiOSを搭載したiPadなどに限定されていましたが、Androidを搭載した機種も発売されるようになり、市場は急成長の様相を呈しています。
 本調査報告書では、①約9万人に対するスマートフォンやタブレット端末所有率の調査と、②実際にスマートフォンを利用している個人ユーザーを対象とした「個人のスマートフォン利用動向調査」と、③実際にタブレット端末を利用している個人ユーザーを対象とした「個人のタブレット端末利用動向調査」、および④法人のIT担当者を対象とした「法人のタブレット利用動向調査」という4つの定量調査をもとに、個人と法人のAndroidの利用実態を解説しています。
 
 個人では「Androidスマートフォンユーザーの性年代別集計」「Androidを利用しているスマートフォンユーザーとタブレット端末ユーザーの比較」「タブレット端末ユーザーのOS別集計(iOS/Android)」「スマートフォンユーザーのOS別集計(iOS/Android)」、法人では「OS別」「従業員規模別」などさまざまなクロス軸に基づくエクセルの数表とグラフもCD-ROMに収録しており、すぐに活用できます。
 さらに、市場予測も含めてAndroid市場の動向を解説するとともに、グーグルの戦略、デバイスやサービスへの意向と予測、Androidの今後の展開と可能性についても解説しています。
 
 インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所では、本書の関連報告書として、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)スマートフォン推進委員会監修によりスマートフォンの利用実態をまとめた『スマートフォン利用動向調査報告書2012』と、タブレット端末の利用実態をまとめた『タブレット端末利用動向調査報告書2012』を販売しています。本報告書とあわせてご活用ください。
 
<<『Android利用動向調査報告書2012』注目の調査結果>>
 
■AndroidのOSシェアはスマートフォンで60.9%、タブレット端末で25.6%
 スマートフォンユーザーの使用機種ランキングでは、iPhone 4が21.8%で突出して高く、以下、iPhone 3GS(7.8%)、Xperia(4.4%)、REGZA Phone T-01C(4.2%)、MEDIAS N-04C(4.1%)と続きます。ほぼ1年に1機種しか発売されないiPhoneに対して、数多くの機種が発売されるAndroidではユーザーの使用機種が分散されるものと思われます。OSシェアで見た場合、Androidが60.9%、iOSが36.3%、その他が2.8%となっており、OSシェアではAndroidのシェアのほうが高くなっています。

 また、主に利用しているタブレット端末は、iPadシリーズの4機種が上位を独占し、合計で69.8%に達しています。iPadの中では、現行機種、旧機種ともにWi-Fiモデルのほうが上位となっています。Android端末では、「GALAXY Tab」が8.8%、「レグザタブレット AT300/24C」が2.7%となっています。OSシェアでは、iOSが69.9%、Androidが25.5%、その他/不明が4.6%となっており、iOSが圧倒的なシェアとなっています。

 ■有料アプリのダウンロード経験はAndroidスマートフォンユーザーの27.7%、Androidタブレット端末ユーザーの22.9%で、iOSユーザーと大きな差

 アプリストアからのアプリのダウンロード経験は、Androidスマートフォンユーザーの95.8%がアプリのダウンロード経験があり、有料のアプリをダウンロードしたことのあるユーザーは27.7%(27.3%+0.4%)となっています。
 有料アプリのダウンロード経験があるスマートフォンユーザーは、iOSユーザーで60.4%、それに対しAndroidユーザーでは27.7%にとどまっています。
 一方、Androidタブレット端末ユーザーのアプリストアからのアプリのダウンロード経験は79.1%であり、有料のアプリをダウンロードしたことのあるユーザーは22.9%(21.4%+1.5%)となっています。
 有料アプリのダウンロード経験があるタブレット端末ユーザーは、iOSユーザーで53.3%、それに対しAndroidユーザーでは22.9%にとどまっており、有料アプリのダウンロード経験に大きな差が見られます。
 
 
資料 Androidユーザーのアプリストアからのダウンロード経験
 
■法人のスマートフォン導入でAndroid利用予定は36.1%で最も高い
 スマートフォンの再来年度(2013年度)までに導入予定がある企業は合計で16.6%、「時期未定だが、導入を検討している」が13.2%となっています。スマートフォン導入で利用予定のOSは「Android系」が36.1%で最も高くなっており、「Windows系」が33.8%と続きます。Android端末が出そろったことや自由度の高さが、Android系が急伸の要因と考えられます。
 タブレット端末の再来年度(2013年度)までに導入予定がある企業は合計で12.7%、「時期未定だが、導入を検討している」が12.5%となっています。タブレット端末導入で利用予定のOSは「iOS」が36.8%で最も高くなっており、「Windows系」が36.6%とほぼ同比率で続き、「Android系」は23.0%にとどまっています。
 
 
資料 スマートフォン導入で利用予定のOS
 
 
 資料 タブレット端末導入で利用予定のOS
 
 
<<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>
 
『Android利用動向調査報告書2012』
インターネットメディア総合研究所[編]
 
<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日   :2012年1月19日(木)(予約受付中)
価格     :CD(PDF)版 60,900円(税込)
          CD(PDF)+冊子版 71,400円(税込)
判型     :A4判
ページ数 :240ページ
詳細、ご予約は右よりご覧ください。→http://r.impressrd.jp/iil/AndroidSurvey2012
 
弊社の調査報告書は「libura PRO(ライブラ・プロ)」からもご購入いただけます(新刊は近日登録予定)。→https://libura-pro.com/
 
※libura PROでは、誌面イメージを確認してから、ダウンロード版/CD版/冊子版を購入していただけるだけでなく、商品の興味のある一部分(現在は章単位)だけを選んで購入したり、選んだ部分をPOD(プリント・オン・デマンド)で製本してご購入いただくことができます。
 
インプレスR&D インターネットメディア総合研究所の調査報告書は、お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版、CD(PDF)版をご用意しております。
 
<< 調査概要 >>
■個人のAndroid利用動向調査
調査対象:【利用率調査】パソコンでインターネットを利用している13歳以上の個人
【スマートフォン利用者実態調査】スマートフォンでインターネットを利用している13歳以上の個人
【タブレット端末利用者実態調査】タブレット端末を利用している13歳以上の個人
対象地域:全国
調査方法:パソコン上でのインターネット調査
調査実施主体:株式会社インプレスR&D
有効回答数:【利用率調査】93,468
【スマートフォン利用者実態調査】1,707(メイン端末としてスマートフォンを利用している人1619、2台目の端末でスマートフォンを利用している人88)
【タブレット端末利用者実態調査】888
調査期間:【利用率調査】2011年9月29日(木)~10月6日(木)
【スマートフォン利用者実態調査】2011年10月12日(水)~10月14日(金)
【タブレット端末利用者実態調査】2011年10月28日(金)~11月3日(木)
 
■法人のAndroid利用動向調査
調査対象: IT導入に関与している人
対象地域:全国
調査方法:PC上のインターネット調査
調査実施主体:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)と株式会社インプレスR&D
有効回答数: 1,636 (企業の業種別・雇用者規模別・雇用者数構成比に可能な限り整合するようにサンプリング)
調査期間:本調査:2011年9月16日(金)~2011年9月20日(木)
 
<<目次 >>
はじめに
 
1 市場データから見たAndroid利用動向
1.1         Android利用動向
1.1.1      バージョンごとの普及率と対応言語
1.1.2      OHA(Open Handset Alliance)
1.2         スマートフォンの状況
1.2.1      スマートフォン市場の中期予測
1.2.2      スマートフォンでのAndroid普及率
1.3         タブレット端末の状況
1.3.1      タブレット端末市場の中期予測
1.3.2      タブレット端末でのAndroid普及率
1.4         マーケットプレイスの動向と乱立
 
2 サービスとデバイスの視点から見たAndroidと今後の展望
2.1         グーグルの戦略
2.1.1      サービス多角化とAndroid OS
2.1.2      Android OSのバージョンとその特徴
2.1.3      スマートフォンに関する戦略
2.1.4      ソーシャルネットワークサービスへのアプローチ
2.2         デバイスやサービスへの意向と予測
2.2.1      ハードウェア
2.2.2      アプリケーション
2.2.3      コンテンツ
2.2.4      ソーシャルネットワークサービス
2.2.5      クラウドサービス
2.3         Androidの今後の展開と可能性
2.3.1      スマートフォン以外への展開
2.3.2      公式のAndroid OSからの分岐
2.3.3      日本におけるカスタマイズ版のAndroid OSの可能性
 
3 調査結果のハイライト
3.1         個人のAndroid利用動向ハイライト
3.2         法人のAndroid利用動向ハイライト
 
4 個人のAndroid利用動向
4.1         調査概要
4.1.1      目的
4.1.2      調査概要
4.1.3      留意事項
4.1.4      誤差について
4.1.5      回答者のプロフィール
4.2         所有率と所有者属性
4.2.1      スマートフォン所有率
4.2.2      スマートフォン利用者の性年代構成
4.2.3      タブレット端末所有率
4.2.4      タブレット端末所有者の性年代構成
4.3         使用機種と購入状況
4.3.1      主に利用しているスマートフォン
4.3.2      主に利用しているタブレット端末
4.3.3      利用開始時期
4.3.4      現在利用している機種を購入する際に重視した項目
4.3.5      購入時の代金支払い方法
4.3.6      購入金額
4.3.7      端末を利用し始めたきっかけ
4.3.8      次回買い換え予定時期
4.3.9      今後購入の際に重視したい項目
4.4         満足度と評価
4.4.1      現在利用している端末の満足度
4.4.2      満足している点
4.4.3      不満な点
4.5         利用環境
4.5.1      無線LANの使用状況
4.5.2      利用している通信回線
4.5.3      スマートフォン/タブレット端末の利用場所
4.5.4      スマートフォン/タブレット端末を利用する時間帯
4.5.5      モバイルデータ通信の利用有無
4.6         料金
4.6.1      1か月の利用料金
4.6.2      アプリ・コンテンツ料金
4.7         利用機能
4.7.1      利用している機能
4.7.2      業務利用の有無
4.7.3      利用しているメール/メッセージ
4.7.4      メール/メッセージの利用が多い端末
4.7.5      メールマガジンの利用状況
4.8         コンテンツ利用全般
4.8.1      利用しているアプリ・コンテンツ
4.8.2      利用しているソーシャルメディア
4.8.3      利用しているEC
4.8.4      有料コンテンツやアプリ利用率
4.8.5      タブレット端末の用途別利用時間の割合
4.9         アプリ利用状況
4.9.1      アプリとウェブの比率
4.9.2      利用しているアプリストア
4.9.3      アプリストアからのダウンロード経験
4.9.4      ダウンロードしたことのある無料アプリのジャンル
4.9.5      ダウンロードしたことのある有料アプリのジャンル
4.9.6      1か月のアプリの料金
4.10       EC
4.10.1    オンラインショッピングで購入したことのある商品のジャンル
4.10.2    ここ1年間にオンラインショッピングで利用した金額
4.11       広告
4.11.1    タブレット端末でのインターネット広告の視認状況
4.11.2    広告を見た後の行動
4.12       タブレット端末利用による変化
4.12.1    タブレット端末利用による変化
4.13       セキュリティー
4.13.1    セキュリティーに対する不安
4.13.2    実施している対策
 
5 法人のAndroid利用動向
5.1         調査概要
5.1.1      目的
5.1.2      調査概要
5.1.3      留意事項
5.1.4      誤差について
5.1.5      回答者のプロフィール
5.2         導入状況
5.2.1      スマートフォンの導入率
5.2.2      利用しているスマートフォン端末
5.2.3      利用しているスマートフォンのOS
5.2.4      タブレット端末の導入率
5.2.5      利用しているタブレット端末
5.2.6      利用しているタブレット端末のOS
5.2.7      スマートフォンを利用する理由
5.2.8      タブレット端末を利用する理由
5.2.9      スマートフォン導入の満足度
5.2.10    タブレット導入の満足度
5.3         モバイルソリューション
5.3.1      スマートフォンで利用しているモバイルソリューション
5.3.2      タブレットで利用しているモバイルソリューション
5.4         今後の意向
5.4.1      スマートフォンの新規・追加導入意向
5.4.2      スマートフォン導入で利用予定のOS
5.4.3      タブレット端末の新規・追加導入意向
5.4.4      タブレット導入で利用予定のOS
 
付録 CD-ROM    本文(PDF)、集計表(エクセル)
 
 
【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。
 
【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D オンライン販売部
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
フリーダイヤル:0120-350-995(平日11時~12時、13時~17時)  FAX:03-5213-6297
 
【内容に関するお問い合わせ先、報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 編集担当:松本
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018