―欧州最大のスマートメーター展示会の取材をもとに新市場を分析― 『欧州スマートグリッドの最新動向2013』を 12月28日に発行

―欧州最大のスマートメーター展示会の取材をもとに新市場を分析―
『欧州スマートグリッドの最新動向2013
12月28日に発行 

株式会社インプレスR&D
2012年12月21日

 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、欧州におけるスマートグリッドの動向を俯瞰し分析した『欧州スマートグリッドの最新動向2013』の販売を、12月28日(木)より開始いたします。
 欧州がスマートグリッドに向けてダイナミックな展開を開始しています。本書は、過日開催された「Metering Billing/CRM Europe 2012」での取材をもとに最新の欧州スマートグリッド市場を分析したレポートです。
 
 スマートメーターの活発な導入が進む一方、すでにさまざまなスマートグリッド関連のプロジェクトが立ち上がっている欧州は、日本にとって重要な市場でありながら、関連する情報を得るのは容易ではありません。これについては、特に次の3つの問題点を指摘できます。
 (1)欧州のスマートグリッド関連の情報源(ニュースサイト等)が少なく、報道は米国寄りのものが多い。
 (2)一口に「欧州」といっても、EU加盟国だけで27カ国あり、それぞれの国で独自の取り組みが行われているため、欧州全体を俯瞰することが難しい。
 (3)欧州におけるスマートグリッドに関連する政策の整備は、それぞれの国だけではなく、EU全体で策定されるものもあるため、その背景は複雑になっており、把握するのが難しい。
 本書は、重要でありながら実態をとらえにくい欧州におけるスマートグリッドの動向を俯瞰するために、上記のうち、3つの問題点を解決するために必要な情報を提供することを目的としています。さらに、2012年10月9日から11日までオランダのアムステルダムで開催された  「Metering Billing/CRM Europe 2012」での取材結果を踏まえ、豊富な写真とともに、欧州を中心に活躍するスマートグリッドの重要プレイヤーの最新動向も整理しています。
 
 本書の具体的な内容は次の通りです。
 第1章では、欧州におけるスマートグリッドの取り組み、特にスマートメーター導入の取り組みについて、EU加盟国にノルウェーを加えた28カ国の状況を整理しています。冒頭ではそのような取り組みに影響を与えるEUの政策を整理し、そのうえで28カ国の現状を整理しています。後半では、28カ国のうち、特に注目すべき国としてオランダとアイルランドを取り上げています。
 第2章では、2012年10月9日から11日までオランダのアムステルダムで開催された展示会「Metering Billing/CRM Europe 2012」の状況を紹介し、最新動向の考察を行っています。まず「Metering Billing/CRM Europe 2012」の概要を紹介し、その後、メータリング・バリューチェーンの考え方を示したうえで、スマートメーター、コンセントレータ、そしてソフトウェア(MDM/HEMS)という3つの観点から、「Metering Billing/CRM Europe 2012」での取材結果をもとに、各分野の最新動向を解説しています。
 第3章では、スマートメーターを取り巻く標準とPLC(Power Line Communications)について取り上げています。スマートメーターを取り巻く標準化としては、主に欧州での採用が多いDLMS(Device Language Message Specification)とOSGP(Open Smart Grid Protocol)について取り上げています。その後、欧州におけるPLC採用の状況と、さまざまな関連技術の状況を整理しています。
 第4章では、これまでの内容のまとめとして、欧州におけるスマートメーター導入に関する着眼点を整理し、それを踏まえた日本における示唆を整理しています。具体的には、「今後のPLC規格の動向」「今後のOSGPの普及動向」、そして「ユーザーにとって必要な機能を見極める」という3つの視点を取り上げています。
 第5章では、「Metering Billing/CRM Europe 2012」の取材結果を、第2章で紹介できなかったものも含めて紹介しています。
 
 本書から欧州におけるスマートグリッド導入から得られた教訓や、今後の日本にも影響を与えそうな最新動向についての知見を得ていただけ、今後の国内外におけるビジネス拡大のヒントとして有用となる一冊です。
 
 本書は「スマートグリッドシリーズ」第16弾で、これまで発売されたスマートグリッドシリーズのタイトルは、以下の通り。
 第 1 弾:『日米欧のスマートグリッド政策と標準化動向2010』
 第 2 弾:『日米欧のスマートハウスと標準プロトコル2010』
 第 3 弾:『日米欧のスマートメーターとAMI・HEMS最新動向2011』
 第 4 弾:『世界のスマートグリッド政策と標準化動向2011』
 第 5 弾:『グリーン半導体技術の最新動向と新ビジネス2011』
 第 6 弾:『スマートハウス構築のためのホームネットワーク技術2011』
 第 7 弾:『世界のマイクログリッドと再生可能エネルギー2011』
 第 8 弾:『スマートグリッド向け新プロトコル「IEEE 1888」の全容と省エネ戦略2011』
 第 9 弾:『スマートハウスとHEMS/BEMS/CEMS最新技術動向2012』
 第10弾:『スマートグリッドの国際標準と最新動向2012』
 第11弾:『920MHz ZigBee IPとスマートメーター用802.15.4g標準2012』
 第12弾:『次世代自動車を中核にしたスマートコミュニティ最新動向2012』
 第13弾:『世界のスマートメーター/AMIとデマンドレスポンス最新動向2012』
 第14弾:『ECHONET Lite時代を迎えたスマートハウス構築のためのホームネットワーク技術2013』
 第15弾:『スマートグリッドの核となるデマンドレスポンスの全貌2013』
 
<<調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内>>
 
欧州スマートグリッドの最新動向2013
新井宏征、インプレスSmartGridニューズレター編集部 [著]
 
<<製品形態・販売価格一覧 >>
発売日   :2012年12月28 日(木)(予約受付中)
価格     :CD(PDF)版 89,250円(税込)
          CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)
判型     :A4判
ページ数 :148ページ
詳細、ご予約は右よりご覧ください。 → http://r.impressrd.jp/iil/EuropeanSmartGrids2013
弊社の調査報告書は「libura PRO(ライブラ・プロ)」からもご購入いただけます(新刊は近日登録予定)。⇒ https://libura-pro.com/
 
※libura PROでは、誌面イメージを確認してから、ダウンロード版/CD版/冊子版を購入していただけるだけでなく、商品の興味のある一部分(現在は章単位)だけを選んで購入したり、選んだ部分をPOD(プリント・オン・デマンド)で製本してご購入いただくことができます。
 
インプレスR&D インターネットメディア総合研究所の調査報告書は、お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版、CD(PDF)版をご用意しております。
 
≪目次≫
はじめに
 
第1章 欧州におけるスマートグリッド最新動向
1.1          欧州におけるスマートメーター導入に影響を与えた指令
1.2          欧州各国におけるスマートメーター導入状況
1.3          主要国におけるスマートメーターとスマートグリッドの取り組み
1.3.1       オランダにおけるスマートメーターとスマートグリッドの取り組み
〔1〕 2度にわたる、スマートメーター導入に関する費用対効果分析
〔2〕 2段階のスマートメーター導入スケジュール
〔3〕 オランダ国内でのスマートメーター仕様標準化
〔4〕 オランダにおけるスマートメーター関連プロジェクト
〔5〕 EnecoによるToon
〔6〕 OxxioによるMijn Oxxio
1.3.2       アイルランドにおけるスマートメーターとスマートグリッドの取り組み
 
第2章  Metering Billing/CRM Europe 2012から見る欧州スマートグリッドの最新動向
2.1          「Metering Billing/CRM Europe 2012」概要
2.2          メータリング・バリューチェーンから見るスマートグリッドの着眼点
2.3          スマートメーター分野の最新動向
2.4          コンセントレータ分野の最新動向
2.5          ソフトウェア(MDM/HEMS)分野の事業者動向
 
第3章 欧州における標準化および各種団体の動向
3.1          スマートメーターを取り巻く標準化─DLMSとOSGP
3.1.1       DLMS/COSEM
3.1.2       OSGP
3.2          PLCに関する業界団体の動向
 
第4章 欧州におけるスマートグリッドの動向と日本への示唆
4.1          欧州におけるスマートグリッド導入の注目点と日本への示唆
4.1.1       今後のPLC規格の動向
4.1.2       今後のOSGPの普及動向
4.2          東京電力のスマートメーターに関するEchelonの意見
4.2.1       OSGPの採用を推薦
4.2.2       HEMSでの通信方式に関する意見
 
第5章 Metering Billing/CRM Europe 2012ハイライト
5.1 「Metering Billing/CRM Europe 2012」開催状況
5.2 「Metering Billing/CRM Europe 2012」での注目すべき企業と製品
 
索引 
 
 
 
【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/
インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。
 
【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2012年4月1日に創設20周年を迎えました。
 
【購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D オンライン販売部
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
フリーダイヤル:0120-350-995(平日11時~12時、13時~17時)  FAX:03-5213-6297
 
【内容に関するお問い合わせ先、報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 編集担当:威能
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018