Kinect、JThree、Milkcocoaを使って JavaScriptでインタラクティブ3Dコンテンツを作ろう 人間の動作とまったく同じように東北ずん子が動く

Kinect、JThree、Milkcocoaを使って
JavaScriptでインタラクティブ3Dコンテンツを作ろう
人間の動作とまったく同じように東北ずん子が動く 
2015年9月14日
 
 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『JavaScriptでインタラクティブ3Dコンテンツを作ろう―Kinect+jThree+Milkcocoaを使って東北ずん子と踊る』(著者:大田 昌幸、落合 渉悟、菅原 のびすけ、中 佳博、山本 允葵)を発刊いたしました。
 
『JavaScriptでインタラクティブ3Dコンテンツを作ろう
―Kinect+jThree+Milkcocoaを使って東北ずん子と踊る』
著者:大田 昌幸、落合 渉悟、菅原 のびすけ、中 佳博、山本 允葵
小売希望価格:電子書籍版 1800円(税別)/印刷書籍版 2400円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:B5判/モノクロ/本文202ページ
ISBN:978-4-8020-9026-1
発行:インプレスR&D
 
<<発行主旨>>
 「Web上でインタラクティブに動く東北ずん子を作ったら面白くないですか? Kinectからリアルタイムでデータを送れば実現できますよね?」という思いつきから、このプロジェクトは始まりました。異なる開発元が集まり、就業後に開発を続け、ついにこのシステムが完成しました。すなわち「踊る人間の動作をkinectで認識し、リアルタイムでmilkcocoaを介してjThreeに伝え、jThreeが人間の動作に従ってMMDを操作する。その結果、パソコンの前の人間の動作と全く同じようにモニター上のボーカロイドの人気キャラクタ東北ずん子が動く」というものです。このシステムは、ライブはもとより、今後イベント、教育、セミナー等様々な分野での応用が期待されます。
 
<<内容紹介>>
 本書は「開発元の異なる複数の製品を組み合わせて、インタラクティブなWeb3Dコンテンツを開発する能力を身につけていただく」ことを目的に執筆しています。複数の製品を組み合わせていくことで、自分だけでは作れなかったことを「より早く実現できる」ということを実感いただきつつ、具体的な実装方法の紹介を通して開発能力を習得していただきます。
 1章と2章ではリアルタイムの通信を受け持つMilkcocoaを解説を、3章で動作を認識するKinectの開発、4章でボーカロイドの人気キャラクタ「東北ずん子」を動かすJThreeの解説を、そして5章でKinectとJThreeをつなぐ部分の解説をします。
 
<<目次>>
はじめに
1章 Milkcocoa入門
2章 Milkcocoaの応用
3章 HTML, JavaScriptを使ったKinectアプリケーション開発
4章 jThree入門
5章 KinectとjThreeをつなげる
 
<<著者紹介>>
大田 昌幸 (おおた まさゆき)
日本マイクロソフト株式会社 テクニカル エバンジェリスト。スタートアップでの Web開発経験を経て、2011年に日本マイクロソフトに入社。Kinect、Azure などのMicrosoft 製品に加えて、社外の技術も加えたオープンな新規事業開発をスタートアップ企業とともに企画・実現する活動に取り組んでいる。
はじめに、第3章担当
 
落合 渉悟(おちあい しょうご)
株式会社Technical Rockstarsリードエンジニア。九州大学在学中より代理店営業からテレビ局の企画営業まで暗中模索でビジネスを経験。その後、あるきっかけで復学し神経工学の論文を読みあさる日々を送る。その後、自らの手で開発することの重要さを確信し、Ruby on Railsによるシステムの受託開発案件を開始する。十分に経験を蓄えた後、milkcocoaを開発する株式会社 Technical Rockstarsのビジョンに自らの野望と近い物を感じJOIN。JavaScript、Haxe、 Erlangによる開発の傍ら、スタートアップ開発に関する登壇等の啓蒙活動にも精を出している。
第1章担当
 
菅原 のびすけ(すがわら のびすけ)
1989年生まれ。岩手県立大学在籍時にITベンチャー企業の役員を務める。同大学院を卒業後、株式会社LIGにWebエンジニアとして入社し、Web制作に携わる。特にIoT領域、インタラクティブな企画実装などに従事している。LIGブログ以外でもHTML5Exparts.jp、さくらのナレッジ、gihyo.jpなどでの執筆活動も行っている。milkcocoaエバンジェリスト、特技はわんこそば、趣味は雪合戦。
第2章担当
 
中 佳博(あたり よしひろ)
不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクストの新卒2年目エンジニア。大学ではスマホアプリやWebアプリケーションの開発をサークルで経験。就職後は『HOME'S』のサイト開発を行う一方、他の技術にも触れようと様々なカンファレンスに参加していたところ「jThree」と出会う。その後、jThree開発者でありjThree合同会社代表の松田氏と意気投合、今回執筆の誘いを受ける。
第4章担当
 
山本 允葵(やまもと まさき)
株式会社バニーホップ 取締役CTO。WebやIoTの仕事をする傍ら、趣味でVRや3Dの研究を行っている。主な関心事は、リアルタイム通信、ネットワークセキュリティ、体験の創造など。徳島大学大学院工学研究科卒。
第5章担当
 
<<販売ストア>>
電子書籍:
 Amazon Kindleストア: http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0152WGX1A/
 楽天koboイーブックストア: http://books.rakuten.co.jp/e-book/
 Apple iBookstore: http://www.apple.com/jp/apps/ibooks/
 紀伊國屋書店 Kinoppy: http://bookweb.kinokuniya.co.jp/indexp.html
 Google Play Store: https://play.google.com/store/books/
 honto電子書籍ストア: http://honto.jp/ebook.html
印刷書籍:
 三省堂書店オンデマンド: http://item.rakuten.co.jp/books-sanseido/c/0000000517/
 hontoネットストア: http://honto.jp/netstore.html
 ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店: http://www.rakuten.co.jp/shosai/
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※一般書店店頭では販売しておりません。
 お取り扱いを希望される書店ご担当者様は、後述のお問い合わせ先までご連絡ください。
 
【株式会社インプレスR&D】http://nextpublishing.jp/
インプレスR&Dは、デジタルファーストの次世代型電子出版事業モデル「NextPublishing」を推進する企業です。
 
【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820

電子メール: np-info@impress.co.jp