テクノロジーの進展に伴う新たな脅威に立ち向かえ! 『サイバーセキュリティ2020 脅威の近未来予測』発刊 NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)

 
テクノロジーの進展に伴う新たな脅威に立ち向かえ!
『サイバーセキュリティ2020 脅威の近未来予測』発刊
NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) 
2015年11月5日
 
 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『サイバーセキュリティ2020 脅威の近未来予測』(著者:特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)未来予測プロジェクト)を発刊いたしました。
 
サイバーセキュリティ2020 脅威の近未来予測
編者:特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)未来予測プロジェクト
小売希望価格:電子書籍版 1,300円(税別)/印刷書籍版 2,000円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:A5正寸判/モノクロ/本文194ページ
ISBN:978-4-8020-9017-9
発行:インプレスR&D
 
<<発行主旨>>
 東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かい、サイバーセキュリティへの関心が急速に高まっています。本書は、セキュリティのエキスパートが集まる特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) の未来予測プロジェクトが、テクノロジーの進展に伴う新たな脅威とサイバーセキュリティの展望をまとめたものです。
 
<<内容紹介>>
 本書は2020年にどんな社会が実現し、それに伴い、どんな脅威が予測されるのかを大きく3部に分けて解説しています。
 まず、第1部のScene編では、情報通信技術が進展した2020年の生活を家庭、学校、ビジネス、レジャーなどシーン別に架空の物語として紹介、一般の生活者にも5年後の脅威がわかりやすく伝えられます。続いて第2部のPerspective編では、未来予測プロジェクトメンバーを中心とした専門家の寄稿により、個別のテーマを掘り下げて解説しています。IoT(Internet of Things)、ロボット、次世代インタフェースなど、今後重要になってくる技術とその脅威を解説するほか、ソーシャルメディアのリスクやサイバー犯罪の対策など、社会課題についても解説しています。最後の第3部では、プライバシー問題に取り組む3人の識者にインタビューし、今後の展開を語っていただいています。
 本書はこうした多様な角度から、ユーザーと事業者がこれからのサイバーセキュリティについて一緒に考えるための論点を提供しています。セキュリティ事業者から一般企業の担当者、生活者まで、安全なICT社会を迎えたいと考えるすべての方々に、ご活用いただければ幸いです。
 
<<目次>>
Scene: 2020年の生活はこうなる!
 スマート家電のある暮らし
 学校外につくられる子どもの世界
 大学受験で変わる攻防戦
 グローバル化で変わる仕事
 狙われる新規事業
 オリンピック観戦もデジタル化
 ICTなしに老後は生きられない
Perspective1: 技術の進歩で変わる脅威
 ライフスタイルの変化に伴うリスク
 すべてが繋がるIoT、その発展がもたらす脅威
 次世代インタフェースの可能性と課題
 ロボットの開発環境とセキュリティリスク
 高度情報化社会を支える本人認証の最前線
 人と機械を繋ぐ新世代デバイスのビジネスチャンスと新たなリスク
Perspective2: 社会の変化とインターネット
 日常生活に潜むソーシャルメディアのリスク
 サイバー犯罪の動向と抑止への取り組み
 DDoS攻撃の現状分析と対策への展望
Interview: 識者が予想するプライバシーの未来
 鈴木 正朝氏
 寺田 眞治氏
 中川 裕志氏
 
<<編者紹介>>
特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)未来予測プロジェクト
 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2000年4月に任意団体として活動開始、2001年7月に特定非営利活動法人(NPO)として認可。情報セキュリティの分野で活躍する多様な人材が多数所属している。情報セキュリティに関する啓発・教育・調査研究および情報提供事業等を通じて、標準化の推進と技術水準の向上に寄与すると共に、公益の増進に貢献することを目的として広範で活発な活動を行っている。本書籍を執筆した未来予測プロジェクトは、東京オリンピックを見据えた3~5年先の脅威予測を行い、書籍などの成果物を通じて社会への啓発を図る活動を行っている。
 
<<販売ストア>>
電子書籍:
 Amazon Kindleストア: http://www.amazon.co.jp/gp/product/B017CUAM7G/
 楽天koboイーブックストア: http://books.rakuten.co.jp/e-book/
 Apple iBookstore: http://www.apple.com/jp/apps/ibooks/
 紀伊國屋書店 Kinoppy: http://bookweb.kinokuniya.co.jp/indexp.html
 Google Play Store: https://play.google.com/store/books/
 honto電子書籍ストア: http://honto.jp/ebook.html
印刷書籍:
 三省堂書店オンデマンド: http://item.rakuten.co.jp/books-sanseido/c/0000000517/
 hontoネットストア: http://honto.jp/netstore.html
 ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店: http://www.rakuten.co.jp/shosai/
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※一般書店店頭では販売しておりません。
 お取り扱いを希望される書店ご担当者様は、「楽天ブックス 迅速配送サービス」をご利用いただくことで、1冊単位で仕入れることができるようになります。後述のお問い合わせ先までご連絡ください。
 
【株式会社インプレスR&D】  http://nextpublishing.jp/
インプレスR&Dは、デジタルファーストの次世代型電子出版事業モデル「NextPublishing」を推進する企業です。
 
【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【製品についてのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp
 
【「楽天ブックス 迅速配送サービス」利用に関するお問い合わせ先】
楽天株式会社
「楽天ブックス」書籍チーム
TEL:050-5817-2517
電子メール: bmd-cnt@mail.rakuten.com