出版とインターネットをつなぎたい。 『赤鉛筆とキーボード —デジタル時代の編集者』発行 出版社、編集者、インターネット事業者、コンテンツクリエイター、必読!

出版とインターネットをつなぎたい。
『赤鉛筆とキーボード —デジタル時代の編集者』発行
出版社、編集者、インターネット事業者、コンテンツクリエイター、必読! 
2015年11月19日

 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『赤鉛筆とキーボード —デジタル時代の編集者』(著者:井芹昌信(OnDeck編集長))を発刊いたしました。
 
『赤鉛筆とキーボード —デジタル時代の編集者』
 
著者:井芹昌信(OnDeck編集長)
小売希望価格:電子書籍版 700円(税別)/印刷書籍版 1300円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:四六判/モノクロ/本文128ページ
ISBN:978-4-8020-9051-3
発行:インプレスR&D
 
<<発行主旨>>
電子出版専門誌『OnDeck』では、「OnDeck weekly」で2014年5月から2015年4月まで連載されたOnDeck編集長のコラム「電子メディア雑感」に、ウェブマガジンで継続連載中の記事5つ、書き下ろし1つを加え、この度書籍化しました。
本書は、パソコン、インターネットの歴史とともに出版に携わってきた編集長だからこそ書くことができた1冊です。キーボードを叩きながらも赤鉛筆のスピリットを失うことのないこれからの編集とは――。出版社、編集者、コンテンツクリエイター、インターネット事業者、必読の書です。
 
<<内容紹介>>
「伝統の重みある出版の上を、ネットのように足取り軽く進もう」
電子出版を勉強せざるを得なくなった紙の本の編集者のみなさん、インターネットで仕事をしていたら電子書籍の仕事をやらなければならなくなったウェブ関係のみなさん、出版社に入社して目下奮闘中のあなたにおすすめです。
 
本書は、出版・編集とインターネットをテーマにOnDeck編集長がやさしい言葉で綴ったものです。ハウツーや目先のやり方はインターネットにあふれていますが、本書を読むとこれから編集や出版に関わる上での基礎が身につきます。また、出版不況で悩んでいる方、希望が持てる話もたくさんあります。
出版の古い体質が理解できないインターネット側のみなさんも、インターネットの軽薄な感じに拒絶反応がある出版側のみなさんも、本書がお互いの橋渡しになること請け合いです。
 
<<目次>>
はじめに
ストア設置型PODはイノベーションだと思う
紙にあって、電子にないもの:改ざん防止
オンライン会議は使える
著作権保護期間延長に反対
読まない人に読んでもらう
「編集」のデジタル化
電子出版の正しい「奥付」とは
アマゾンのスマホが意味すること
激震地は流通領域
電子は再販価格維持でない実感
ファイル共有は革新ツール
陳列されるのはメタデータ
ハイパーリンクのストア事情
LINEのメディア力
アマゾン vs アシェットを考える
紙と電子の本質的違い
3DプリンターとPOD
イノベーションは人から起こる
スクリーンが主役
「少年ジャンプ+」に胸がすく
情報が人間を乗り物にしている
超原稿用紙の紹介
カラーPODの最近事情
敵はゲームとSNS
電子図書館体験記
電子書籍を書店に逆流通
Googleドライブは企画に便利
本棚に並ぶ電子本honto pocket
スマホ定着
編集のデジタル化に期待
「場具」
コンテンツマーケティング考
PODビジネス 日本で出来るか
逆転フリーミアム戦略
電子出版での修正問題
テクニウムとは
マスター原稿はお持ちですか?
合併・買収・提携・協業
組版の価値
出版社がPODで売上を上げる3つの方法
印刷ではなく「製本」に価値あり
養老孟司氏の講演「出版は普遍的な職業か?」を聴いて
有料コンテンツを買う意味
EPUBの索引機能が規格化―索引は本の重要要素
オーソライズという価値(おわりに代えて)
 
<<著者紹介>>
株式会社インプレスR&D代表取締役社長 兼『OnDeck』編集長。
株式会社アスキーの書籍編集長を経て、1992年に株式会社インプレス(現、株式会社インプレスホールディングス)の設立に参画。2007年に株式会社インプレスR&Dを設立し、代表取締役に就任。
2010年12月、日本初のEPUBを使った電子出版ビジネス雑誌『OnDeck』を創刊。2012年5月、電子書籍とPOD書籍によるデジタルファースト出版「NextPublishing」を開始。POD(プリント・オンデマンド)を活用した無在庫出版など、デジタル技術を活用した出版の新しいビジネスモデルを多数開発している。
編集長として手がけた主な製品・事業:パソコン解説書「できるシリーズ」、『インターネットマガジン』、『インターネット白書』、「INTERNET Watch」などのImpress Watchシリーズ。
 
<<『OnDeck』について>>
2010年12月に“電子出版イノベーションのビジネス実践誌”として創刊した電子出版専門マガジン。EPUBの普及を目的の1つに掲げ、2010年12月から2015年4月まで無料の週刊マガジン「OnDeck weekly」をEPUB形式で発行。また、2010年12月から2014年3月までは、電子雑誌、プリント・オンデマンドを用いた印刷雑誌の2形態で「OnDeck monthly」を発行する。2015年5月から、ウェブを使った電子出版のマーケティング実験を目的としてウェブマガジンにリニューアル。
 
<<販売ストア>>
電子書籍:
 Amazon Kindleストア: http://www.amazon.co.jp/gp/product/B017WZ08RK/
 楽天koboイーブックストア: http://books.rakuten.co.jp/e-book/
 Apple iBookstore: http://www.apple.com/jp/apps/ibooks/
 紀伊國屋書店 Kinoppy: http://bookweb.kinokuniya.co.jp/indexp.html
 Google Play Store: https://play.google.com/store/books/
 honto電子書籍ストア: http://honto.jp/ebook.html
印刷書籍:
 三省堂書店オンデマンド: http://item.rakuten.co.jp/books-sanseido/c/0000000517/
 hontoネットストア: http://honto.jp/netstore.html
 ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店: http://www.rakuten.co.jp/shosai/
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※お取り扱いを希望される書店ご担当者様は、「楽天ブックス 迅速配送サービス」をご利用いただくことで、1冊単位で仕入れることができます。後述のお問い合わせ先までご連絡ください。
 
【株式会社インプレスR&D】http://nextpublishing.jp/
インプレスR&Dは、デジタルファーストの次世代型電子出版事業モデル「NextPublishing」を推進する企業です。
 
【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【製品についてのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp
 
【「楽天ブックス 迅速配送サービス」利用に関するお問い合わせ先】
楽天株式会社
「楽天ブックス」書籍チーム
TEL:050-5817-2517
電子メール: bmd-cnt@mail.rakuten.com