大前研一と考える 日本企業が「技術」を「商売」につなげる戦略 『BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ』第27弾として書籍化

大前研一と考える
日本企業が「技術」を「商売」につなげる戦略
『BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ』第27弾として書籍化
2017年1月27日
 
  インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)と、オンデマンド出版good.bookを運営する株式会社masterpeace(本社:東京都港区、代表取締役社長:磯部純一)は、ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)出版シリーズ『BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ』(監修:大前研一)の第27弾を発行しました。
 
 大前研一がケーススタディを通じて、リアルな経営判断を実践してみせる本シリーズ。
 今号収録のケースでは、自動車用バックミラーで国内トップシェアを誇る「村上開明堂」と、サーボモータ、インバータで世界ナンバーワンのシェアを誇り、産業用ロボットの累積出荷台数でも世界首位である「安川電機」を取り上げます。
 
 「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の実践的視点をケーススタディを通じて学ぶことができます。もしも、あなたがこれらの企業の最高責任者ならば、今、いかに決断しますか?
 
『大前研一と考える“日本企業が「技術」を「商売」につなげる戦略”』
監修:大前研一
編著:ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所
小売希望価格:電子書籍版 600円(税別)/印刷書籍版 780円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:B5判/モノクロ/本文56ページ
ISBN:978-4-907554-81-1
発行:masterpeace
 
<<内容紹介>>
「正解のない今の課題」をケースとして、自分自身が「経営者、リーダーであったらどうするか」を考察する――BBT大学の実践型経営トレーニングの書籍化第27弾!
 
●本シリーズでは、経営コンサルタント大前研一氏が学長として率いるビジネス・ブレークスルー大学提供のケーススタディプログラムを書籍化。毎号、大前氏およびBBT大学総合研究所によるケーススタディ解説を2本収録します。
●BBT大学では、毎週、学内プログラム「Real Time Online Case Study(リアルタイム・オンライン・ケーススタディ=略称RTOCS®)」という名でケーススタディを提供しています。その内容は、国内外の企業/政府を題材に、まだ答えの出ていない「今起きている課題」をケースとして設定するもの。ケースは「もしあなたが○○という会社の社長の立場だったらどうするか?」という問いかけの形をとっています。学内では、学生間で1週間のディスカッションを経た上で、学長である大前氏が1つの課題解決案を提示しています。
●多くの起業家を送り出すBBT大学の代表的なプログラムを追体験できる本シリーズは、実践型経営トレーニングとして、学生・社会人の立場によらず、経営を志すすべての人にお勧めできます。
※「RTOCS」は、株式会社ビジネス・ブレークスルーの商標または登録商標です。
 
「今、それぞれが直面する課題とは何か? 課題に対して何をするべきか?」。情報の整理・課題設定、提案の策定。経営の実践を核とするBBT大学だから提供できるケーススタディをお届けします。
 
<<収録ケーススタディ>>
│CaseStudy1│
あなたが村上開明堂の社長ならば、
バックミラーをカメラモニタリングシステムで代用可能とする道路運送車両法の保安基準改正を受け、
どのような成長戦略を描くか?
 
│CaseStudy2│
あなたが安川電機の社長ならば、
サービス業向けロボットの市場拡大が予測される中、
産業用ロボットで培った技術を活かしロボット事業の成長戦略をいかに考えるか?
 
<販売ストア>
電子書籍:
 Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple iBookstore、紀伊國屋書店 Kinoppy、 
 Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER
印刷書籍:
 Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※お取り扱いを希望される書店ご担当者様は、「楽天ブックス 書店客注サービス」をご利用いただくことで、1冊単位で仕入れることができます。
楽天株式会社 「楽天ブックス」書籍チーム
TEL:050-5817-2517/電子メール: bmd-cnt@mail.rakuten.com
 
<<編著者紹介:ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所>>
ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所(BBT大学総研)は、ビジネス・ブレークスルー大学の研究機関として、刻々と変化する経営環境のその時々の「ベストソリューション」を導き出すべく、企業経営者やビジネスリーダーにとって重要な経営課題、国内外の経済社会動向などにフォーカスした調査・分析・研究を行っています。その研究結果はビジネス・ブレークスルー提供の各種プログラムの主要コンテンツとして用いられ、提言・立案などにも活用されています。
 
<<監修者紹介:大前 研一>>
株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長/ビジネス・ブレークスルー大学学長
1943年福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。以後も世界の大企業、国家レベルのアドバイザーとして活躍するかたわら、グローバルな視点と大胆な発想による活発な提言を続けている。現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長及びビジネス・ブレークスルー大学大学院学長(2005年4月に本邦初の遠隔教育法によるMBAプログラムとして開講)。2010年4月にはビジネス・ブレークスルー大学が開校、学長に就任。日本の将来を担う人材の育成に力を注いでいる。
 
【株式会社インプレスR&D】 http://nextpublishing.jp/
インプレスR&Dは、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
 
【株式会社masterpeace】 http://g10book.jp/
オンデマンド出版ソリューション:good.book(グーテンブック)の運営およびサービス提供。デジタルメディアの企画、制作、販売を事業ドメインとし、デジタルマーケティングを活用したクロスメディア事業を展開しています。
 
【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
 
【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビルディング
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp
 
株式会社masterpeace
〒107-0062 東京都港区南青山4-15-5
TEL 03-5770-5869
電子メール: contact@masterpeace.co.jp
担当:窪田、磯部