都市をシェアする位置情報サービス 『センサーシティー』発行 センシングとメディア化による新しいまちづくりの事例を解説

都市をシェアする位置情報サービス
『センサーシティー』発行
センシングとメディア化による新しいまちづくりの事例を解説
2017年9月26日
 
 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、『センサーシティー(副題:都市をシェアする位置情報サービス)』(著者:中島 円、監修:神武 直彦)を発行いたします。
 
『センサーシティー』
著者:中島 円、監修:神武 直彦
小売希望価格:電子書籍版 1,200円(税別)/印刷書籍版 1,600円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文126ページ
ISBN:978-4-8443-9781-6
発行:インプレスR&D
 
<<発行主旨・内容紹介>>
 本書はビジネスや社会活動とテクノロジーの関係を解説する#xtech-booksシリーズの新刊で、「まちづくり×センシング」をテーマに位置情報サービスの専門家が解説しています。
 現在、都市に暮らす市民はスマホや車、スマート家電、POSなど、デジタルデータを発信するセンサーに囲まれて暮らしています。また、ポケモンGOに代表されるAR、シェアリングエコノミーなど都市の空間とサイバー空間上のデータが密接に結びついたサービスを通じて、データをシェアし、それがまた新たな人や車の流れを生み出し、さらに市民自身が能動的にデータを活用するというデータの循環モデルも形成されようとしています。本書はセンサーデバイスが浸透し、IoT社会が到来した都市の姿を「センサーシティー」と位置づけ、位置情報を中心とするメディアサービスや都市の取り組み事例を豊富に解説しています。
(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)
 
Chapter2より:東京と比較した世界の都市について解説
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Chapter2より:ロンドンのオープンデータの取り組みを解説
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

書籍ページの中からメインページや画像など数枚入れる
 
 
<<目次>>
Chapter1 リアル&サイバー空間に広がるデータ循環社会とメディア
 1.1 データ循環モデル
 1.2 都市における変容するメディア
 1.3 シームレス化するメディア
 1.4 シームレスメディアを支えるセンシング&マッピング
Chapter2 センシング&マッピングが街の魅力を創る
 2.1 2020年、IoTはどこまで東京に貢献できるか
 2.2 ライバル都市のチャレンジ
Chapter3 都市のメディア化の主役は「市民」
 3.1 市民テクノロジーとそのパワー
 3.2 都市アーカイブ
 3.3 シェアリングエコノミーの台頭
 3.4 街歩きやショッピング、スポーツによるまちづくり
<<著者紹介>>
中島 円(なかじま まどか)
慶應義塾大学特任准教授。国際航業株式会社に勤務し、地理情報システム、位置情報サービスに従事。近年は屋内空間の位置情報技術と、人やモノの行動データの可視化と分析に基づいたまちづくりに関する研究を推進している。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科後期博士課程修了。博士(システムエンジニアリング学)。法政大学と横浜市立大学において非常勤講師。技術士(情報工学)、日本地図学会常任委員。共著書に『位置情報ビッグデータ』『アイデアソンとハッカソンで未来をつくろう』(いずれもインプレスR&D刊)。
<<販売ストア>>
電子書籍:
 Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple iBookstore、紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、
 honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER
印刷書籍:
 Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス
※      各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※      全国の一般書店からもご注文いただけます。
 
【株式会社インプレスR&D】 http://nextpublishing.jp/
株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。
 
【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。
 
【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820

電子メール: np-info@impress.co.jp