一人出版社ができるPODの新サービス Amazon.co.jp対応「出版ブランド開設サービス」を開始 NextPublishingは“未来の出版者”を支援します

 
一人出版社ができるPODの新サービス
Amazon.co.jp対応「出版ブランド開設サービス」を開始
NextPublishingは“未来の出版者”を支援します
2017年10月23日
 
 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、POD(プリント・オンデマンド)出版の新サービス「出版ブランド開設サービス」を本日より開始します。本サービスはAmazon.co.jpのPODサービスを活用した個人・団体向けセルフパブリッシングサービス「著者向けPOD出版サービス」をベースに、ご自身の出版ブランドを用いて、Amazon.co.jpでPOD出版できる新しいサービスです。
 
fig01.jpg
出版ブランド開設サービス
 
■“未来の出版者”を支援する「出版ブランド開設サービス」
 2016年10月より開始した個人のPOD出版を支援する「著者向けPOD出版サービス」は、「NextPublishing Authors Press」ブランドでAmazon.co.jp内でPOD書籍を販売できるセルフパブリッシングサービスです。専用サービスのみでの出版となるため、サービス開始後に個人や団体でISBNを取得し、その出版ブランド(出版者名)で販売したいという要望をいただいていました。
 今回開始した「出版ブランド開設サービス」は、POD出版に関する基本的なサービス部分は「著者向けPOD出版サービス」と共通とし、Amazon.co.jpで販売する際の出版ブランドをご自身のブランドを用いられるようにしたサービスです。いわゆる一人出版社など、個人や団体等でISBNを取得し、これから出版活動を本格化される方々を対象とします。インプレスR&Dは本サービスを提供することで、POD出版を活用した“未来の出版者”を支援します。
 
■「出版ブランド開設サービス」の主な内容
 「出版ブランド開設サービス」は、以下のサービスを提供します。
 
・Amazon.co.jpのPODサービスを利用したPOD出版
・出版ブランドは独自に指定可(開設費5万円)
・出版にかかる追加費用はなし
・サポート判型は、新書判・B6判・四六判・A5判・B5判・レター判・A4判の7種類
・本文印刷はモノクロのほか、カラー印刷もサポート
・販売価格は1円単位で設定可能
・お支払いは、販売価格から「印刷費」と「販売手数料」を引いた全額
・出版前に見本書籍を作成できるオプションなど、支援サービスを用意
 
 独自の出版ブランドがつけられることを除き、「著者向けPOD出版サービス」で提供されているものと同じサービス内容となります。
 なお、「出版ブランド開設サービス」は、日本図書コード管理センターにてISBN出版社記号を取得済みの方のみ利用できます。ISBN出版社記号の取得につきましては、日本図書コード管理センター(http://www.isbn-center.jp/)にお問い合わせください。
 
【株式会社インプレスR&D】 https://nextpublishing.jp/
株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。
 
【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。
 
【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp