関係者必読、基礎技術をまとめた貴重な教科書 『沸騰熱伝達の基本構造』発行 元・東大生産技術研究所所長 西尾茂文先生の資料がPOD版として蘇る!

 
『沸騰熱伝達の基本構造』発行
元・東大生産技術研究所所長 西尾茂文先生の資料がPOD版として蘇る!
2018年3月22日
 
 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、『沸騰熱伝達の基本構造』(著者:西尾茂文)を発行いたします。
 
『沸騰熱伝達の基本構造』
著者:西尾茂文
小売希望価格:印刷書籍版 4,500円(税別)
印刷書籍版仕様:B5判/モノクロ/本文272ページ
ISBN:978-4-8443-9811-0
発行:インプレスR&D
 
<<発行主旨・内容紹介>>
 液相中で気液界面を新たに形成しながら「蒸発」が起きる現象が「沸騰」です。液体の中にある加熱された固体の表面で、この「沸騰」が起きる際の伝熱過程は「沸騰熱伝達」と呼ばれます。この「沸騰熱伝達」では、気泡や蒸気膜といった新たな気液界面が形成され、これらが複雑な運動を行うことで熱伝達が行われる複雑な「構造」を持つことになります。
 このような「沸騰熱伝達」、その「構造」に関する技術的な知識と正確な計算は、化学製品の製造工程で広く行われる蒸留や、ボイラーなどの熱設計など、沸騰・蒸留が関わる産業で必須のものです。
 この本は、この沸騰熱伝達とその構造についての概論としてまとめられた元・東京大学生産技術研究所所長の西尾茂文先生による貴重なセミナー資料(1990年自主制作発行)を書籍化するものです。最先端の研究を羅列したものではなく、確立された技術ではありますが、この分野の基礎をこれだけ分かりやすく網羅したものは他になく、研究者、技術者、学生などが理解するために必読の書籍となります。
(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)
 
「第1章 蒸発・沸騰現象と沸騰熱伝達」より
 
「第5章 沸騰開始」より
 
「第6章 核沸騰熱伝達」より
 
「第7章 膜沸騰熱伝達」より
 
<<目次>>
序文
第1章 蒸発・沸騰現象と沸騰熱伝達
 1.1 沸騰熱伝達の諸相
 1.2 蒸発・沸騰現象
 1.3 沸騰熱伝達の基本構造
 
蒸発・沸騰現象概論
第2章 気液平衡、蒸発および濡れ
 2.1 気液の平衡
 2.2 蒸発の動力学
 2.3 濡れ
 
第3章 気泡核生成
 3.1 自発核生成と沸騰核生成
 3.2 自発核生成
 3.3 液相の過熱限界
 3.4 沸騰核生成
 
第4章 気泡成長と界面安定性
 4.1 気泡成長理論
 4.2 気液界面安定性
 
沸騰熱伝達概論
第5章 沸騰開始
 5.1 理想沸騰面における気泡初生
 5.2 現実沸騰面における核沸騰開始
 
第6章 核沸騰熱伝達
 6.1 核沸騰熱伝達の基本構造
 6.2 固体表面近傍の不均一温度場における気泡成長
 6.3 気泡サイクル
 6.4 気泡ユニット
 6.5 核沸騰熱伝達モデル
 6.6 核沸騰熱伝達の特性
 
第7章 膜沸騰熱伝達
 7.1 膜沸騰熱伝達の基本構造
 7.2 平滑界面・層流蒸気膜を有する自然対流膜沸騰熱伝達
 7.3 波状界面・層流蒸気膜を有する膜沸騰熱伝達
 7.4 膜沸騰熱伝達の特性
 
第8章 遷移沸騰熱伝達
 8.1 遷移沸騰熱伝達の基本構造
 8.2 固液接触の存在を限定する諸機構
 8.3 遷移沸騰熱伝達モデル
 8.4 遷移沸騰熱伝達の特性
記号表および参考文献
編集後記
 
<<著者紹介>>
西尾 茂文(にしお しげふみ)
1949年 岐阜県出身
1977年 東京大学大学院工学系研究科博士課程 (舶用機械工学専攻)修了 工学博士
1995年 東京大学 教授(生産技術研究所)
2002年 東京大学 生産技術研究所 所長
2005年 東京大学 理事・副学長
現 在 東京大学 名誉教授
専 攻:熱事象学,熱制御工学,エネルギー工学,科学技術論
 
<主な受賞歴>
日本伝熱学会学術賞(1990),日本機械学会賞(論文賞)(1994,2004),日本冷凍空調学会論文賞(2000),日本機械学会熱工学部門業績賞(2001),日本機械学会熱工学部門研究功績賞(2009),日本伝熱学会功労賞(2011)
 
<<販売ストア>>
印刷書籍:
 Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス
※    各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※    全国の一般書店からもご注文いただけます。
 
【株式会社インプレスR&D】 https://nextpublishing.jp/
株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。
 
【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。
 
【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820

電子メール: np-info@impress.co.jp