定番BIツールElactickStack最新版解説書! 『Elastic Stackで作るBI環境 バージョン6.4対応版』発行 技術書典シリーズ・10月の新刊

 
定番BIツールElactickStack最新版解説書!
『Elastic Stackで作るBI環境 バージョン6.4対応版』発行
技術書典シリーズ・10月の新刊
2018年10月3日
 
 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、『Elastic Stackで作るBI環境 バージョン6.4対応版』(著者:石井 葵)を発行いたします。
 
『Elastic Stackで作るBI環境 バージョン6.4対応版』
著者:石井 葵
小売希望価格:電子書籍版 1600円(税別)/印刷書籍版 1800円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:B5判/カラー/本文112ページ
ISBN:978-4-8443-9860-8
発行:インプレスR&D
 
<<発行主旨・内容紹介>>
【誰でも簡単にログ分析!OSSのBIツールElastic Stack・最新版対応解説書!】
 
 サーバーのアクセスログやTwitterのつぶやき、様々な機器の動作状況など各種のログファイルをExcelで分析していませんか?
 本書はOSSで提供されているBI環境「Elastic Stack」を使ってログファイルを集計し、グラフなどでビジュアル豊かに分析するための環境構築チュートリアルです。
(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)
 
様々なツールからなるElastic Stackの概要を紹介
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Twitterの履歴を題材にデータを可視化する方法を解説
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Kibanaを使って実際に収集したログを閲覧する方法を解説
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

<<目次>>
Elastic Stackって何?
 Logstash
 Elasticsearch
 Kibana
 Beats
 Elastic Cloud
 基本的な構成
環境構築
 インストールの順番
 事前準備
 Elasticsearchのインストール
 Logstashのインストール
 Kibanaのインストール
データを集めて可視化しよう(Twitterのつぶやき履歴編)
 Twilogサービスを利用したログ取得(ログデータの準備)
 logstash.confとは?
 outputプラグイン
 filterプラグイン
 logstash.confのテスト方法
 ここまでで作成したlogstash.confをおさらいする
データを集めて可視化しよう(Beatsを使って情報を集めてみる)
 Beatsのインストール
  パッケージを使ってインストールする場合(Windows以外のOS)
  Windowsにインストールする場合
  Metricbeatのセットアップ
  環境をセットアップする
  Metricbeatの起動
Kibanaを使ったデータの閲覧
 KibanaのUI
 Discover画面を使ってみよう
 indexの紐付け
 新しくデータを取り込んだ場合
 Discoverでログを閲覧する
 データの検索期間を変更する
 Discover画面でログを詳しく閲覧しよう
 自分で検索してみよう
 検索条件を保存しよう
Visualize画面でデータを可視化する
 Visualize画面で作成できるグラフの種類
 Visualize画面でグラフを作成する
Dashboard画面を使ってグラフを一覧表示する
 グラフを並べる
 グラフの大きさを指定する
 保存する(検索期間を保持する/しないを選択する)
 グラフの色を変更
 作成したDashboardを編集する
トラブルシューティング
 Elasticsearchが起動しない
 Elasticsearchに対してcurlコマンドを発行できない
 Elasticsearchサービスをrestartしようとすると、エラーが出力される
 Kibana画面の様子がおかしい
 
<<著者紹介>>
石井 葵
Elasticsearch、Kibana、Logstashを使用したデータ分析基盤の設計・構築をメインに行なうインフラエンジニアだったが、最近配属が変わって新卒なエンジニアの教育を実施している。新卒エンジニアと一緒にプログラミングやアプリケーション開発手法を学ぶ日々を過ごしている。
 
<<販売ストア>>
電子書籍:
 Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、
 紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、
 honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER
印刷書籍:
 Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス
※      各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※      全国の一般書店からもご注文いただけます。
 
【株式会社インプレスR&D】 https://nextpublishing.jp/
株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。
 
【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。
 
【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp