ニュースリリース

日本の環境配慮型経済について英語圏の読者に紹介
『Toward a Sustainable Japanese Economy』発行

2021.12.15

  • インプレスR&D出版:新刊

日本の環境配慮型経済について英語圏の読者に紹介

『Toward a Sustainable Japanese Economy』発行

 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、英文書籍『Toward a Sustainable Japanese Economy Beyond the Triple Failures of Market, Government and Institutions』(編著者:大島堅一, 鈴木紅良, 寺西俊一)を発行いたします。

 

Toward a Sustainable Japanese Economy Beyond the Triple Failures of Market, Government and Institutions

https://nextpublishing.jp/isbn/9784295600657

編著者:大島堅一, 寺西俊一, 鈴木紅良(Kenichi Oshima, Shunichi Teranishi, Koryo Suzuki)

著者:除本理史, 大坂恵里, 山下英俊, 石田信隆, 大森正之, 野田浩二, 三俣 学, 井田徹治(Masafumi Yokemoto, Eri Osaka, Hidetoshi Yamashita, Nobutaka Ishida, Masayuki Omori, Koji Noda, Gaku Mitsumata, Tetsuji Ida)

小売希望価格:電子書籍版 1,600円(税別)>/印刷書籍版 2,000円(税別)

電子書籍版フォーマット:EPUB3/

印刷書籍版仕様:B5判/カラー/本文152ページ

ISBN:978-4-295-60065-7

発行:インプレスR&D

 

<<発行主旨・内容紹介>>

【本書籍は全編英文です】

本書は、日本における環境配慮型経済について、英語圏の読者に紹介するものです。

「第1部 公害の歴史と福島原発事故」(Part I. Postwar Japan Pollution and the Fukushima Nuclear Accident)は第2次大戦後の日本の公害の歴史と福島原発事故の状況、「第2部 持続可能な自然資源ベースの経済」(Part II. Toward Sustainable Development of Natural Resource-based Economies)では農業分野中心とした環境配慮型生産の現状について紹介しています。

各章はそれぞれ日本の第一人者の著者が執筆しています。この分野での日本の状況を総合的に紹介した英語での情報はとても少なく、情報を求める読者ニーズに応える内容となっています。

(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)

 

<<目次>>

Editors and Authors

Introduction

 Kenichi Oshima, Shun’ichi Teranishi and Koryo Suzuki

 

Part I. Postwar Japan Pollution and the Fukushima Nuclear Accident

Chapter 1. History and Lessons of Pollution in Postwar Japan

 Shun’ichi Teranishi, Emeritus Professor of Hitotsubashi University

Chapter 2. Political Economy of Damage and Reconstruction after the Fukushima Nuclear Accident

 Masafumi Yokemoto, Osaka City University

Chapter 3. Current Status and Challenges in the Fukushima Nuclear Disaster Compensation Scheme: An Example of Institutional Failure?

 Eri Osaka, Toyo University

Chapter 4. TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident and Japan’s Nuclear Power Policy

 Kenichi Oshima, Ryukoku University

Chapter 5. Who Will Pay the Costs of the Fukushima Nuclear Accident?

 Kenichi Oshima, Ryukoku University, Masafumi Yokemoto, Osaka City University

Chapter 6. Locally Initiated Energy Transition Transcends Market, Government, and Institutional Failures

 Hidetoshi Yamashita, Hitotsubashi University

 

Part II. Toward Sustainable Development of Natural Resource-based Economies

Chapter 7. Japanese Agricultural Problems and the Multifunctional Roles of Agriculture

 Nobutaka Ishida, Norinchukin Research Institute Co., Ltd.

Chapter 8. Agri-environmental Public Goods and the Agri-environmental Payments with the UK Case Study

 Koryo Suzuki, Sustainable Lab Inc.

Chapter 9. Management Problems of Inland Water Fishery Resources in Japan: Institutional Failure of Fish Stock Reproduction executed by Local Fishery Cooperatives.

 Masayuki Omori, Meiji University

Chapter 10. Greening Water Resources Development in Modern Japan: Social Costs, Water Rights, and Institutional Failures

 Koji Noda, Tokyo Keizai University

Chapter 11. Forest Underuse in Present-Day Japan and Access to Nature Regardless of Ownership (ANRO): Transcending the Mythology of Intensive Land Use

 Gaku Mitsumata, Doshisha University

Chapter 12. Japanese Policy of Biodiversity and Species Conservation: Its Development and Shortfall

 Tetsuji Ida, KYODO NEWS

 

<<編著者紹介>>

大島堅一:龍谷大学政策学部教授。専門は環境経済学、環境政策学。元サセックス大学客員研究員。原子力市民委員会座長、日本環境評議会(JEC)代表理事。

 

寺西俊一:一橋大学名誉教授。専門は環境経済学。 2014年から2016年まで環境経済・政策学会会長。日本環境評議会(JEC)会長、岩波書店「環境と公害」編集代表。

 

鈴木紅良:サステナブル・ラボ株式会社チーフデータサイエンティスト。英国のGreen Economics Instituteリサーチフェロー。学際的な視点(環境経済学、農学、哲学など)で持続可能性の分析をしている。

 

<<販売ストア>>

電子書籍:

 Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER

印刷書籍:

 Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス

  • 各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
  • 全国の一般書店からもご注文いただけます。

 

【インプレスR&D】 https://nextpublishing.jp/

株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福浦一広)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。

※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。

 

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/

株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

 

【お問い合わせ先】

株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター

TEL 03-6837-4820

電子メール: np-info@impress.co.jp