ニュースリリース

異界門はふたたび開かれる!──人気シリーズ第六幕!
『法陣遣いの流離譚6 凍てつく夜は終わりを告げる』
いずみノベルズ・12月の新刊

2022.12.20

  • インプレスR&D出版:新刊

異界門はふたたび開かれる!──人気シリーズ第六幕!

『法陣遣いの流離譚6 凍てつく夜は終わりを告げる』

いずみノベルズ・12月の新刊

 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、いずみノベルズの新刊『法陣遣いの流離譚6 凍てつく夜は終わりを告げる』(著者:空館 ソウ、イラスト:桜 みとぎ)を発行いたします。

 いずみノベルズは、「小説家になろう」などのWeb小説投稿サイトに掲載された小説作品から厳選した作品を商業書籍として刊行し、より広い読者に新しい才能・作品に触れる機会を提供することを目指します。

(「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。)

 

『法陣遣いの流離譚6 凍てつく夜は終わりを告げる』

https://izuminovels.jp/isbn-9784295601593

https://nextpublishing.jp/isbn/9784295601593

著者:空館 ソウ

イラスト:桜 みとぎ

小売希望価格:電子書籍版 1,080円(税別)/印刷書籍版 2,000円(税別)

電子書籍版フォーマット:EPUB3

印刷書籍版仕様:四六版/カラー/本文254ページ

ISBN:9784-295-60159-3

発行:インプレスR&D

企画編集:合同会社技術の泉出版

発売日:2022年12月23日

 

<<あらすじ>>

〈あらすじ〉

「小説家になろう」で1300万PV超の人気異世界ファンタジー!

 

ティランジアで竜種の骨を手に入れたザート達は、拠点にて戦力強化に励む。

その一方で魔人となるジョアンを人にもどす方法をさぐるべく、エヴァとともに魂魄をあつかう実験に手を染める。

そこに、アルドヴィンに潜入させた第八が全滅したとの報せが入り、自責の念に駆られるザート。

 

さらにまねかれざる客がグランベイにあらわれる。

守錠機関とその機関長エフェス。かつて異界門事変でアルバ教団を壊滅させた男だった。

エフェスの老獪な策略に、ザート達は罠と知りつつ踏み込んでいくことになる。

強いられて向かう先はライ山。そして異界門はふたたび開かれる──

 

※注:PV数は2022年3月1日現在

 

 

<<著者から一言>>

今回はほぼ全編書き下ろしです。各所で様々な意図が絡み合い、三つ巴、四つ巴の戦いが繰り広げられます。

④巻⑤巻と続いてきたフリージアとジョアン、そして女神シャスカを救う戦いに決着がつく⑥巻。

ぜひお読み下さい!

 

<<著者紹介>>

空館 ソウ

ライトノベル作家。「法陣遣いの流離譚」にてデビュー。小説投稿サイト「小説家になろう」「カクヨム」を主な活動場所にしています。フォローすると最新作の確認ができます。Twitter : @karatachi_sou

 

<<イラストレーター紹介>>

桜 みとぎ

モフモフをこよなく愛するイラストレーター。猫と暮らすことが夢。

 

 

<<目次>>

第一章 魂のありかを求めて

第二章 イト達の諜報

第三章 守錠機関の潜入

第四章 異界門、破壊

第五章 凍てつく夜は終わりを告げる

書籍版特典SS

竜の戯曲

 

<<掲載イラストより>>

<<いずみノベルズについて>>

『いずみノベルズ』は、NextPublishingを利用したスピーディーな刊行と電子・印刷書籍の同時制作、プリントオンデマンドによる返品・絶版・断裁のないサスティナブルな出版モデルを特徴とする、Web小説の商業化ライト文芸レーベルです。

公式サイト: https://izuminovels.jp/

 

<<販売ストア>>

電子書籍:

 Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、紀伊國屋書店 Kinoppy、

 Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER

印刷書籍:

 Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス

※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。

 

【インプレスR&D】 https://nextpublishing.jp/

株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。

※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。

 

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/

株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証スタンダード市場9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

 

【お問い合わせ先】

株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター

TEL 03-6837-4820

電子メール: np-info@impress.co.jp